PowerPoint2010 図形の挿入と図形の中に文字を挿入する

PowerPoint2010 図形の挿入と図形の中に文字を挿入する

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。
今日は、PowerPoint2010 図形の挿入と図形の中に文字を挿入する方法です。

スライドに図形を挿入する。

パワーポイントの基本的な操作の一つになるでしょう。
図形や図を挿入しながらスライドを作っていくのが私的にはスタンダードな方法でしょう。

では、やってみましょう。

「挿入」ー「図形」から適当な図形を選択します。

挿入―図形


今回は、四角の吹き出しを選択してみました。四角の吹き出しの図形が挿入されました。
図形吹き出しの選択 図形吹き出しの挿入ができました


いかがですか、すごく簡単ですね。

図形の配置を調整します。

マウスカーソルを図形の四隅に置くと、図のようにカーソルの形が変わるので、これで、図形の大きさを変更することができます。また次の図のように図形の上にマウスカーソルを置くと十字のカーソルに変わり、これで図形が移動できるようになるので、図形を適当な位置に移動させます。
図形吹き出しの大きさ調整 図形吹き出しの移動

図形に文字を挿入します。

  • 挿入した四角の吹き出しを選択します。
  • 吹き出しの図形の上で右クリックします。
  • メニューが出てきますので、「テキストの編集」を選択します。

    図形吹き出しの選択

  • 図形の中心に文字入力のためのカーソルが表示されます。ここで文字を入力します。入力が終われば、図形以外の場所をクリックします。


    図形吹き出しの選択






    これで文字入力は終わりです。
    スライド作成の基本ですから、しっかり覚えましょう。
    この図形の挿入と、図形へのテキストの入力は、ExcelやWordでも使えるので、覚えておくと応用が利きますよ。

    コメント


    認証コード0406

    コメントは管理者の承認後に表示されます。