Windows8 64bit版のインストール 奮闘しちゃいました

Windows8 64bit版のインストール 奮闘しちゃいました

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


今日は、Windows8が2012.10.26に発売になったので、さっそく購入して、インストールしてみました。

 私の場合は、MacBook Pro(Early 2011 )にBootcamp4.0を使ってのインストールです。

公式にはWindows8は未対応ということでしたので、不安いっぱいの中でした。(しかしBootcampでWindows8RPがインストールできたとの報告はたくさんあったので大丈夫かなと楽観的に考えていきました)

 前準備として、今まで使っていたソフトのデータのバックアップとったり、HDDイメージのバックアップを取ったり(駄目だった場合はそっくり元に戻すため)と、できるだけの準備をして、インストールを開始しました。
 Windows8をダウンロードするのにかかった時間は、約15分位でした。(フレッツ光)

 では、Windows8の購入から、インストールの流れの中で、気を付けておきたい所を書いてくれているサイトのリンクを記録として残しておきます。

Windows8の購入とインストール

  Windows8購入サイト

 購入の流れについては、こちらのサイトを参考にするといいでしょう。丁寧に解説されています。

  Windows8購入からインストール完了まで(全ての画面が掲示されています)

  Windows8購入の流れ

  Windows8のインストール

  Windows8の購入からインストールと感想

  Windows8の再ダウンロード

  Windows8 32Bit、64Bitのダウンロード

  Windows8へのアップグレード(Microsoftのサイトです)

 上記のサイトのみなさん、ありがとうございます。こうして参考にさせていただく方としてはありがたいことです。

Windows8ダウンロード番購入時の注意事項

注意事項をまとめてみると

  • Windows8のダウンロード購入は、現在起動しているWindowsによりダウンロードされるWindows8が異なる
     Windows(32bit版)が起動中 => Windows8(32bit版)がダウンロードされる
     Windows(64bit版)が起動中 => Windows8(64bit版)がダウンロードされる
  • Windows8ダウンロード版は、再ダウンロードができる。(注文番号、プロダクトコードが必要)
  • 注文時に、Windows DVDを一緒に注文すると64bit版が手に入る。
  • ダウンロードしたPCでなくても、条件を満たしていれば、インストールは可能
  • 32bit版から64bit版、64bit版から32bit版へ変更するなら、クリーンインストールしかできない。



 私の場合は、64bit版をダウンロードして、クリーンインストールをしたかったのですが、よく調べないで、Windows8をダウンロードしたので、32bit版をダウンロードしてしまう羽目になってしまいました。
 よく考えてみると、アップグレードアシスタントが、推奨版を指定してたので、購入手続きの中に32bit、64bitを選ぶところがなかった。後で気が付いて、さてどうしたものか、一度ダウンロードしてしまったのに、もう一度ダウンロードできるのか?それで、
 探しました。

  Windows 32bitから64Bitへ

 有りました。

 64bit版をダウンロードするには、Windowsの64bit版が動いている必要があると分かったので、Windows8RP (64bit)版を他のPCにインストールしていたので、そこから再度ダウンロードし無事64bit版を手に入れました。(コミニティサイトに感謝)

 Windows8のインストール自体は、特に途中で止まることなく終わりました。約40分くらいかかったと思います。

Windows8インストールで、失敗したこと

 気を付けてインストールするプログラムやバックアップするデータなんかを整理したつもりでしたが、メールのデータのバックアップを漏らしていたことをインストール中に気が付いて、大変なことになりました。

 Windoes8インストール前に、HDDイメージのバックアップはとったもののパーティション単位でしかリストアできないフリーソフトを使っていったので、リストアで一旦別のPCに戻し、そこからデータを取り出そうとしました。

 リストアの実行は無事終了したものの、ハードの違いなどから、やはりWindowsの起動はうまくいかず、データをあきらめようかと考えていたところ、そうだ!データは戻っているのだから、Windows以外のOSからだったらデータは読めるかもしれないと踏んで、急きょKNOPPIXを準備、起動させたところ見事大当たりで、無事データを取り出すことができました。

Windows8インストール後にちょっと焦った

 Windows8を何とかインストールして、やっとスタート画面が出て、Bootcampドライバーをセットアップしたところで、またトラブル。インストール時にはどれもおかしくはなかったものですが、

  • 画面が暗い。(MAXにしても暗い)
     [設定]ー[PC設定]ー[全般]ー[画面]ー[画面の明るさを自動的に調整する]をオフにするで解決。
  • Bluetoothのマウスを認識していない
     これは、bluetoothの設定で、マウスを認識させることで解決。
  • 無線LANがつながらない
     これは、無線LANが無効になっていたので有効にすることで解決。
     インストール時には正常の様に見えていたのもが、改めてOSが起動してみると、状態が変わっているのは、ちょっと焦ってしまいました。

Windows8インストール後にインストールしたソフト達。

 今日2013年10月31日現在、インストールをやり直したソフトは以下のとおり。今のところ、トラブルなくインストールできています。全部の起動は試していませんが、順調に動いているようです。

  • Office2010Pro(64bit版:動いています)
  • Adobe CS5 WebPremium(Photoshop:動いています)
  • Skype
  • iTunes(64bit版:動いています。データはまだ未登録です)
  • NortonInternetSecurity(動いています:8対応と書いてあるものにアップデートしました)
  • Nドライブ(動いています)
  • iCloud(動いています)
  • Canon Printer Driver MG8130(動いています)
  • FireFoxブラウザ(動いています)
  • ImgBurn(CD/DVDライティングソフト:動いています)
  • WACOM Intuos4(最新のドライバーで認識しています)

ついでに、DVD作った後で、32bitと64bitの見分けがつかなくなった場合は、
DVDを開いて、以下のファイルがある方が64bitのWindows8です。

dvdドライブ名:\efi\boot\bootx64.efi





 以上、沢山失敗もやらかしましたが、勉強になりました。各サイトを作られたみなさん、発売から、一週間も経っていないのに、よく整理してますよねぇ。
 改めて、感謝いたします。

コメント

  • Win8 と CS5 WebPremium

    こんにちは。

    当方、WEB制作用ノートPCの購入と、そのPCにAdobe CS5 WebPremiumをインストールすることを考えております。

    Windows8 64bitでどの程度動くものかどうか知りたくて探したのですが、なかなか見つけられず…

    もし、このページを投稿された後、WebPremiumを使われていたら、どんな感じだったか教えていただけたら幸いです。


  • Re: Win8 と CS5 WebPremium

    >>1私の環境は、現在Windows8.1Update(Corei7、mem;8GB)です。
     WebPremium CS5をインストールしています。今のところ私の使用範囲では、たまに異常終了してしまうことはありますが、支障があるほどにトラブルはなく使用できています。
    Photoshop Extended(64bit)、Illusutratorを使っています。
    マシンやアップデーTの状況でいろいろ状況は変わると思いますが、参考にされてください。


  • Re: Win8 と CS5 WebPremium

    返信ありがとうございます!

    私もPhotoshop Extended、Illusutratorがメインで、使用範囲が限られてますのでおおよそ大丈夫そうな気がします。
    Windows7はすでに1台あるので、今から買うなら8にしたいと思い、悩んでおりました。

    返信が遅くなりすみません。お世話になりました。


  • Re: Re: Win8 と CS5 WebPremium

    >>3
    少しでもお役に立てて良かったです。



認証コード1339

コメントは管理者の承認後に表示されます。