カテゴリ:Word

ワードで、文書内の画像を固定する方法

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


今日は、ワードで、文書内の画像を固定する方法です。

文書内の画像を固定する

 画像を貼り付けた説明書などを作っていると、文字を入力していくと文字と一緒に画像がずれてしまうことがあります。

 この場合その都度画像の位置を合わせるのはとても効率が悪くなります。そこで、文字に合わせて画像が動かないように設定すれば後の作業が楽になります。

では、文書内の画像を固定する方法です。

  • 図1-1 位置を固定する画像を選択します。
    ワードで、文書内の画像を固定する

  • 図2-1 「図ツール」の「書式」タブから「文字の折り返し」コマンドをクリックします。メニューが表示されます。
  • 図2-2 文字列の配置を「四角」に設定します。もう一度図2-1の操作をします。
  • 図2-3 「文字列と一緒に移動する」にチェックが付いていますので、これを外します(クリックする)。
    ワードで、文書内の画像を固定する

  • 図3-1 確認のためもう一度メニューを表示させてみます。図2-3のチェックは外れています。すぐ下の「ページ上で位置を固定する」にチェックが付きました。これらの設定は排他的な設定になっています。
    ワードで、文書内の画像を固定する

  • 図4-1 文字を入力して見ると、入力された文字列は、画像をよけて入力されているのが分かります。

 さらに細かく、画像の右側や左側だけに文字列が表示されるように設定が出来ます。
ワードで、文書内の画像を固定する

  • 図5-1 「図ツール」の「書式」タブから「その他のレイアウトオプション...」をクリックします。
    ワードで、文書内の画像を固定する

  • 図6-1 「レイアウト」ダイアログボックスが開き「文字列の折り返し」タブが開きます。
  • 図6-2 この設定は、文字列の折り返しが「四角」「外周」「内部」に対して有効です。
     「左右の折り返し」グループで
    • 「両側」:画像の両側に画像をよけた文字列が表示されます。
    • 「右側」:画像の右側に画像をよけた文字列が表示されます。(左側に文字列が表示される余白が有っても文字列は表示されません)
    • 「左側」:画像の左側に画像をよけた文字列が表示されます。(右側に文字列が表示される余白が有っても文字列は表示されません)
    • 「広い側」:画像の余白の広い側に画像をよけた文字列が表示されます。

のように設定できます。

 また、画像と文字列の間隔も設定できます。

 この設定は、文字列の折り返しが「四角」「外周」「内部」に対して有効です。

  • 図6-3 「文字列との間隔」グループで
    • 「上」「下」「右」「左」に数値を入力することで、入力された文字列と画像との間隔を指定できます。
      ワードで、文書内の画像を固定する

  • 図7-1 図6の設定は「既定のレイアウトとして設定」を選んでおくと、追加された画像は、この文字列配置のルールが適応された状態で画像が挿入されます
    ワードで、文書内の画像を固定する

以上で、ワードで、文書内の画像を固定する方法は終わりです。

市民パソコン教室北九州小倉校の「パソコン無料相談」も見てね。






ブログのお題拝借

コメント


認証コード2411

コメントは管理者の承認後に表示されます。