エクセルの並べ替えとフィルターの「詳細設定」について

エクセルの並べ替えとフィルターの「詳細設定」について

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


今日は、エクセルの並べ替えとフィルターの「詳細設定」についてです。


この操作には、マイクロソフトOfficeのEXCEL2013を使用します。


フィルター機能について以前に解説しましたが、「詳細設定」はフィルターの結果を同じシート内の別のセル位置に書き出す機能です。複雑な条件設定も出来ますので、覚えると大量のデータからの情報抽出に役立つでしょう。

フィルターの詳細設定

  • 図1-1 図のようなサンプル表を準備しました。ダウンロードはこちらからできます。

     まず、フィルターでデータを抽出するセル範囲にカーソルを置きます。例では、セルA2にカーソル置きます。
  • 図1-2 「データ」タブの「並び替えとフィルター」グループの「詳細設定」をクリックします。
    エクセルの並べ替えとフィルターの「詳細設定」:

  • 図2-1 「フィルターオプション」ダイアログボックスが表示されますので、「指定した範囲」を選択しておきます。
  • 図2-2 「リスト範囲」には、カーソルが有るセルを基準に自動で選択された範囲が設定されています。
  • 図2-3 「検索条件範囲」の範囲選択ボタンをクリックします。
    エクセルの並べ替えとフィルターの「詳細設定」:

  • 図3-1 検索条件の範囲を選択します。
    この条件は
    • 日付が2013/5/13で かつ 商品の名称が「い」を含むデータを抽出する  という意味になります
       ここでの条件設定には、「<>=」の比較演算子は使用していません。文字列や日付をそのままセルに入力するだけでOKです。
      エクセルの並べ替えとフィルターの「詳細設定」:

  • 図4-1 次に、抽出するデータを書き出す範囲を指定します。
     抽出元のデータの項目名と同じ名称を抽出先のセルに設定しておき、そのセルを抽出先の範囲に指定します。
     図のように項目名を設定すると、この項目名と一致した抽出元の項目のデータが書き出されます。抽出先の項目の配置順は抽出元に配置順と一致しなくてもOKです。また、項目数も一致しなくてもOKです。しかし、項目名は同一名称にする必要があります。
    エクセルの並べ替えとフィルターの「詳細設定」:

  • 図5-1 データ抽出の準備が出来ました。「OK」ボタンをクリックします。
    エクセルの並べ替えとフィルターの「詳細設定」:

  • 図6-1 図3-1の条件でデータが抽出され、指定したセル範囲の位置にデータが書き出されました。
    エクセルの並べ替えとフィルターの「詳細設定」:

  • 図7-1 別条件を指定てみます。条件の意味は、以下のとおりです。
    • 日付が2013/5/13で かつ 商品の名称が「い」を含むデータを抽出する
    • または
    • 日付が2013/6/10以降で かつ 日付が2013/6/30以前 で かつ 商品名称が「みかん」のデータを抽出する
      エクセルの並べ替えとフィルターの「詳細設定」:

  • 図8-1 図7-1 で指定したデータが抽出された結果です。
    エクセルの並べ替えとフィルターの「詳細設定」:

  • 図9-1 別の条件を指定して見ます。条件の意味は以下のようになります。
    • 日付が2013/5/13で かつ 商品の名称が「い」を含むデータを抽出する
    • または
    • 日付が2013/6/10以降で かつ 日付が2013/6/30以前 で かつ 商品名称が「?いた?」(これは、1文字目はどんな文字でもOKで、2,3文字目は「いた」、4文字目はどんな文字でもOKの4文字のデータという意味です)のデータを抽出する
  • これまででお分かりいただけたと思いますが、条件の構成の方法は、
    • 抽出条件にする項目名を横に並べると(AND条件)になる
    • 抽出条件にする項目名を縦に並べると(OR条件)になる
      ことが分かります。
      エクセルの並べ替えとフィルターの「詳細設定」:

  • 図10-1 図9-1の抽出結果です。
    エクセルの並べ替えとフィルターの「詳細設定」:

  • 図11-1 更に別の条件を見ます。条件の意味は以下のようになります。
    • 日付が2013/5/13で かつ 商品の名称が「い」を含むデータを抽出する
    • または
    • 日付が2013/6/10以降で かつ 日付が2013/6/30以前 で かつ 商品名称が「いち」で始まるデータを抽出する
      ここで、商品名称を完全に一致するものだけにしたい場合は「=”いちご”」とします。例えば、データの中に「いちご」と「いちごジャム」があった場合は、「いちご」だけが条件に一致するようになります。
      エクセルの並べ替えとフィルターの「詳細設定」:

  • 図12-1 図11-1の抽出結果です。
    エクセルの並べ替えとフィルターの「詳細設定」:

  • 図13-1 最後に、このフィルター機能の詳細設定を使って、データを抽出する際、データの抽出先は、抽出元のデータがあるシートと同じでなければなりません。操作上、他のシートの範囲を指定はできますが、実行させると、「抽出データを、作業中のシート以外へコピーすることはできません」と警告メッセージが表示され、実際に結果は返されません。
    エクセルの並べ替えとフィルターの「詳細設定」:

 以上で、エクセルの並べ替えとフィルターの「詳細設定」については終わりです。




市民パソコン教室北九州小倉校の「パソコン無料相談」も見てね。

ブログのお題拝借

コメント


認証コード4845

コメントは管理者の承認後に表示されます。