Adobe ReaderでPDFに文字や図形を追加

カテゴリ:PDF

Adobe ReaderでPDFに文字や図形を追加

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


今回は、Adobe ReaderでPDFに文字や図形を追加する方法です。

ちょっとひとり言

 次期Windows(9?)のニュースが出始めましたね。ニュースでは、2015年4月にリリースされそうだということです。Windows8発売は2012年10月26日ですから約2年半でのメジャーバージョンアップということになりそうですね。使い勝手が良くなることはいいのですが、ユーザーのほうは追いつかないですね。


 PDFファイルは、文書の交換や印刷原稿などとして便利に使っていますが、通常、参照することが主になって、PDFの内容に情報を追加できるようになっているとは、勉強不足でした。
 そこで、印刷文書の構成には役立ちそうな機能なので、紹介します。

Adobe ReaderでPDFファイルに文字を追加する


  • 1-1 まずは結果から。
     この例では、PDFファイルに以下の操作をしました。
  1. テキスト注釈の追加
  2. テキストのハイライト表示
  3. 下線
  4. ファイルの添付
  5. スタンプの追加
  6. 取り消し線の追加
  7. 図形の描画(円、矢印、フリーハンド線)
  8. フリーハンドの消しゴム
  9. ノート注釈を追加
  10. テキストを置換
  11. カーソル位置にテキストを挿入


    いろいろできますね。



 操作方法は、どれも同じような手順でできますので、いくつか抜粋して紹介します。

テキスト注釈の追加

  • 2-1 「注釈」ボタンをクリックします。
  • 2-2 「注釈」で操作できるボタン場表示されます。
  • 2-3 「テキスト注釈を追加」ボタンをクリックします。
  • 2-4 テキストを挿入したい位置をクリックします。
     テキスト注釈追加のツールバーが表示されます。
     テキストを入力します。入力状態を解除するには「ESC」キーを押します。
     入力したテキストを削除するには、追加したテキストの上にマウスカーソルを合わせると、追加したテキストの範囲に枠が表示されマウスカーソルが黒の矢印に代わります。ここで、右クリックするとメニューが表示され、ここから「削除」を選択します。

図形を挿入する


  • 2-5 「図形マークアップ」グループから、「楕円形を描画」ボタンをクリックします。
     マウスカーソルが十字カーソルに変わるので、任意の位置でマウスをドラッグすると楕円を描くことが出来ます。真円を描く場合は「shift」キーを押しかがらマウスをドラッグします。

取り消し線を引く


  • 2-6 まず最初に、取り消し線を引きたい文字列の範囲を選択しておきます。
     「注釈」グループの「取り消し線」ボタンをクリックします。これで、選択範囲に取り消し線を引くことが出来ます。
    PDFに文字や図形を追加する


     以上で、Adobe ReaderでPDFに文字や図形を追加する方法は終わりです。




    ブログのお題拝借
    Tag: PDF 文字列の追加 図形の追加 Adobe Reader

    コメント

    • ありがとうございました

      PDFに簡単な図形と文字列を書き込む方法を探してたどり着きました。最近は赤いReaderでもできたのですね。助かりました。


    • コメントありがとうございます

      この記事を書いたのが約2年前です。
      Acrobat readerはAcrobat Reader DCへと進化し、見た目はかなりシンプルになりましたね。
      使いやすくなっているのでしょうが、インターフェイスががらりと変わるのはきついですね。
      お役に立てて良かったです。



    認証コード2263

    コメントは管理者の承認後に表示されます。