WORDのリンク貼り付けを使ってEXCELのデータをリンクする

カテゴリ:Word

WORDのリンク貼り付けを使ってEXCELのデータをリンクする

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


 今回は、マイクロソフトOfficeのWORDのリンク貼り付けを使ってEXCELのデータをリンクする方法です。
 つまるところ差し込み機能の簡易版のようなものと見ればいいでしょう。エクセル側のデータを変更すると、ワード側に貼り付けたデータの同期して変更されます。


 この操作はマイクロソフトOfficeのWORD2013とEXCEL2013で操作します。

リンク貼り付けでエクセルデータをワードに貼り付ける


  • 1-1 図1-1のような場合、まず、エクセル側で、ワードに貼り付けたいセルをコピーします。
    ワードのリンク貼り付け:エクセルからワードへ

  • 1-2 コピー方法は、コピーしたいセルを選択し、キーボードから「Ctrl+C(これは、Ctrlキーを押しながらCキーを押すという意味です」キーを押します。コピー方法はほかにもありますが、今回はキーボードショートカットキーを使います。
    ワードのリンク貼り付け:参照元データをコピーする

  • 1-3 ワードの画面をアクティブにするために、ワード側の画面をクリックします。これで、ワード側の画面がアクティブになります。ここで、エクセルのセルデータを貼り付けたい場所クリックしておきます。この例では、ワードの表の2行1列目をクリックしておきます。
    ワードのリンク貼り付け:貼り付け場所を決める

  • 1-4 次に、「ホーム」タブ「クリップボード」グループの「貼り付け」ボタンをクリックします。
     「貼り付けオプション」が表示されます。
  • 1-5 貼り付けオプションの左から3番目「リンク貼り付け(元の書式を保持)」をクリックします。この方法でリンク貼り付けをすると、エクセル側で設定された文字書式が適用されます。
  • 1-6 これで、指定した場所にエクセルのセルデータがリンクして貼り付けられます。
  • 1-7 この例は、貼り付けオプションの左から4番目「リンク貼り付け(書式を結合)」を選択した貼り付け結果です。書式は、ワード側の書式に一致するようになります。。
    ワードのリンク貼り付け:リンク貼り付けで書式を保持する


     以上で、WORDのリンク貼り付けを使ってEXCELのデータをリンクする方法は終わりです。




    ブログのお題拝借
    Tag: ワード Word リンク貼り付け 書式を保持する 書式を結合する エクセル EXCEL

    コメント


    認証コード5586

    コメントは管理者の承認後に表示されます。