エクセル(EXCEL)で、ワークシート間で表やデータをドラッグ&ドロップする方法

エクセル(EXCEL)で、ワークシート間で表やデータをドラッグ&ドロップする方法

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。

 エクセル(EXCEL)で、ワークシート間で表やデータをドラッグ&ドロップする方法です。
 コピー&ペーストで済むことなのでしょうけれど、マウスでもできるという例です。
 この操作では、表やデータの移動、コピー、移動とコピー操作方法を行うことが出来ます。


 この操作は、マイクロソフトEXCEL2013を使用します。

選択範囲をシート間でドラッグ&ドロップで移動する


  • 1-1 移動したい範囲を選択します。
  • 1-2 マウスカーソルを選択範囲の四辺の任意の位置に移動し、黒十字矢印のカーソルの状態にします。
  • 1-3 ここで、キーボードの「Alt」キーを押したままにします(EXCEL2013では、Altキーを押したままにするとショートカットキーが表示されますが、今回は気にしないでください)。
    ワークシート間のドラッグ&ドロップによる移動。コピー:移動元選択

  • 1-4 マウスの左ボタンを押したまま、移動したいシートタブまでドラッグします。
     ここにマウスカーソルが来た時点で、シートが切り替わり、マウスカーソルの横には、移動先のセル範囲が表示されています。
     この時点で、キーボードの「Atl」キーを離します。
    ワークシート間のドラッグ&ドロップによる移動。コピー:ALTキーを離す

  • 1-5 次は、移動したいセル位置までドラッグします。
    ワークシート間のドラッグ&ドロップによる移動。コピー:ドラッグ操作

  • 1-6 マウスの左ボタンを離します。
     移動先にデータがある場合は、上書きの確認ダイアログボックスが表示されますので、上書きする場合は「OK」ボタンをクリックします。「キャンセル」した場合は、この操作は取り消されます。
    ワークシート間のドラッグ&ドロップによる移動。コピー:上書き確認

  • 1-7 移動先にデーが移動されます。このとき列幅は移動先の列幅に合わされます。
    ワークシート間のドラッグ&ドロップによる移動。コピー:ドロップでデータの移動

  • 1-8 移動元のデータは、なくなっています。
    ワークシート間のドラッグ&ドロップによる移動。コピー:移動は元データ消える



選択範囲をシート間でドラッグ&ドロップでコピー(複写)・貼り付けする


  • 2-1 コピー(複写)したい範囲を選択します。
    ワークシート間のドラッグ&ドロップによる移動。コピー:コピー元の範囲選択

  • 2-2 以降1-2から1-4までと同じ操作です。
  • 2-3 コピー(複写)したい位置までドラッグします。マウスの左ボタンはまだ離してはいけません。
  • 2-4 キーボードの「Ctrl」キーを押します。マウスカーソルの右肩に小さな「+」が表示されます。
    ワークシート間のドラッグ&ドロップによる移動。コピー:Ctrlキーを押す

  • 2-5 マウスの左ボタンを離すと、データが貼り付けられました。このとき、貼り付け先にデータ有っても上書きの確認はありませんので、注意してください。ここで「Ctrl」キーを離します。
    ワークシート間のドラッグ&ドロップによる移動。コピー:上書きの確認はない

  • 2-6 コピー(複写)なので、元のシートのセルにはデータ残されています。
    ワークシート間のドラッグ&ドロップによる移動。コピー:コピーは元データが残る

選択範囲をシート間でドラッグ&ドロップで移動・挿入する


  • 3-1 移動・挿入したい範囲を選択します。
    ワークシート間のドラッグ&ドロップによる移動。コピー:移動挿入の範囲選択

  • 3-2 以降1-2から1-4までと同じ操作です。
  • 3-3 ここで、キーボードの「Shift」キーを押します。
     この時点で、移動範囲のボックスが、横一棒に代わります。これで挿入位置が分かりやすくなります。
    ワークシート間のドラッグ&ドロップによる移動。コピー:挿入時の表示

  • 3-4 挿入したい位置まで、マウスカーソルをドラッグします。、
    ワークシート間のドラッグ&ドロップによる移動。コピー:挿入位置までドラッグ

  • 3-5 マウスの左ボタンを離すと、データが挿入されました。ここで「Shift」キーを離します。
    ワークシート間のドラッグ&ドロップによる移動。コピー:ドロップで挿入

  • 3-6 移動元データはなくなっています。
    ワークシート間のドラッグ&ドロップによる移動。コピー:移動は元データがなくなる

選択範囲をシート間でドラッグ&ドロップでコピー(複写)・挿入する



 コピー(複写)・挿入の操作方法は、図3-3のキーの組み合わせを「Ctrl」+「Shift」キーとすると、あとの操作は同じ操作で行うことが出来ます。




 以上で、エクセル(EXCEL)で、ワークシート間で表やデータをドラッグ&ドロップする方法は終わりです。
ブログのお題拝借
Tag: エクセル EXCEL ドラッグ&ドロップ ワークシート間移動 ワークシート間コピー(複写) マウス操作

コメント


認証コード8142

コメントは管理者の承認後に表示されます。