フィールドに標題を付ける

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


今日は、フィールドのコントロールに標題を付ける方法です。

フィールドプロパティの「標題」プロパティを設定

標題を付けておくと何が嬉しいかというと、フィールド名を英数字で定義した時、フォームを作る際、標題を設定していると、フィールド名ではなく標題が、コントロールのラベルとして使用されるようになることです。
例えば、フィールド名を英数字で「tanka」と設定した場合、テーブルを開いたとき、標題には「tanka」と表示されます。そこで、「標題」のプロパティに「単価」と設定し、テーブルを開くと、標題には「単価」と表示されるということです。
その設定方法は次のとおりです。

図1-1 テーブルを定義してデータシートビューで開いたときには、標題の設定されていないフィールドはフィールド名で表示されています。
図1-2 テーブルをデザインビューで開きます。


テーブルをデザインビューで開く


図2-1 標題を設定するフィールドを選択します。(例は「tanka」です)
図2-2 フィールドプロパティの「標題」をクリックし、「単価」と入力します。
図2-3 「デザイン」タグの「表示」をクリックします。


標題プロパティを設定する


図3-1 「テーブルを保存する必要があります」とメッセージが出るので「はい」をクリックします。


テーブルの変更確認

図4-1 テーブルがデータシートビューで表示されます。修正前は「tanka」だった標題が「単価」に変更されています。

標題は、フィールド名の表示を見かけの上だけ変更するもので、フィールド名として使えるわけではないので、注意してください。


標題が変更された

フォーム上で名前を変える場合は、コントロールのプロパティの「名前」プロパティを「単価」に変更する必要があります。

以上フィールドに標題を付ける方法でした。



市民パソコン教室北九州小倉校の「パソコン無料相談」も見てね。

コメント


認証コード3842

コメントは管理者の承認後に表示されます。