セルのロックとシート保護

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


今日は、セルのロックとシート保護についてです。

きれいに作った表は、セルのロックとシート保護で守る

セルのロックは、計算式の保護や、入力を抑制することに役立ちます。
せっかく作った計算式を定数など、気付かないまま思わぬ入力を受けて、セルの内容を消されてしまわないために有効です。

シート保護は、ひな形として作った入力様式などのレイアウトの保護に有効です。既定の列の幅を変えたり、行の追加をしたりといったことを防ぐことができます。

セルのロックとシートの保護はペアで使用します。

では、設定をやってみましょう。
シートロックの方法は

セルのロックは、デフォルトではすべて「ロック」がONの状態になっています。この状態でシート保護をすると、全てのセルで入力が出来なくなってしまいます。
そこでまず先に、
図1-1 全てのセルを選択します。
図1-2 「ホーム」タブをクリックします。
図1-3「書式」ボタンをクリックします。
図1-4 書式メニューから「セルのロック」をクリックします。これで、全てのセルのロックがOFFになります。


全てのセルを選択後、セルのロックをOFFにする


図2-1 次に、セルのロックをONしたいセルを選択します。図1-2、図1-3、図1-4を繰り返せば、必要なセルだけにロックをONにできます。この設定では、同じセルに対して「セルのロック」をクリックする度に、セルロックが「ON」と「OFF」に切り替わります。


セルを選択


図3-1 セルのロックの「ON」「OFF」は、セルの書式設定からも出来ます。選択されているセルで右クリックします。
図3-2 メニューから「セルの書式設定」をクリックします。


右クリックからセルの書式設定絵お選択


図4-1 「セルの書式設定」のダイアログボックスが表示されます。
図4-2 「保護」タブを選択し、「ロック」チェックボックスを「ON」にします。「表示しない」チェックボックスを「ON」にすると、セルに入力された値や計算式を数式バーでは非表示にすることができます。
図4-3 「OK」をクリックしてダイアログを閉じます。
ここまでで、セルのロック「ON」「OFF」は終わりです。


セルのロックを設定

セルのロックの効果を利用する

セルのロックの効果を出すためには、「シートの保護」の設定を行わなければなりません。
では、その方法です。
図5-1 「校閲」タブをクリックします
図5-2 「シートの保護」ボタンをクリックします。


シートの保護ダイアログ


図6-1 「シートの保護」ダイアログボックスが出ますので、「シートとロックされたセルの内容を保護する」にチェックがついていることを確認します。
図6-2 パスワードを設定する場合は、パスワードを入力します。
図6-3 次に「このシートのすべてのユーザーに許可する操作」の各チェックボックスに必要なものだけチェックをします。
図6-4 「OK」をクリックします。


シートの保護設定


図7-1 パスワードを設定した場合は、パスワードの確認ダイアログが表示されますので、確認のためもう一度同じパスワードを入力します。


シートの保護:パスワード


図8-1 ここで、「シートの保護」ボタンを見ると「シートの保護解除」と変わっています。「リートの保護」を解除するときは、このボタンをクリックすれば、シートの保護が解除されます。


シート保護の解除ボタン


図9-1 パスワードを設定していた場合は、ここでパスワードの入力を求められます。


シート保護解除:パスワード入力


図10-1 セルにロックがかかって、シート保護が有効な場合は、ロックのかかったセルに入力をしようとした場合は、注意メッセージが表示されます。


保護セルへの入力注意メッセージ

以上で、セルのロックとシート保護の説明は終わりです。





市民パソコン教室北九州小倉校の「パソコン無料相談」も見てね。

コメント


認証コード6335

コメントは管理者の承認後に表示されます。