表の行と列を固定する

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


今日は、Excel2010で表の行と列(見出しなどになる部分)を固定して、常に画面に表示されるように設定する方法です。

行や列を固定表示にすると作業がしやすくなる。

縦や横に長い表を作成すると、表の項目名がスクロールされて、上や横の部分が見えなくなり、どの項目に入力しているのかが分らなくなってしまいます。こんな時は、行や列を固定させると、表の見出しの部分がスクロールで隠れてしまわないで作業が効率よく行えるようになります。

では、その設定方法です。
図1-1 固定したい行の直下のセル、または列の右隣のセルを選択します。
図1-2 「表示」タブをクリックします。
図1-3 「ウィンドウ枠の固定」ボタンをクリックします
図1-4 「ウィンドウ枠の固定」をクリックします。固定された行又は列に、少し濃い線が表示されます。
図1-5 「ウィンドウ枠の解除」は、図と同じ操作を行いますが、「ウィンドウ枠の固定」から「ウィンドウ枠固定の解除」と表示が変わっているので、それをクリックします。全ての行。列がスクロールするようになります。


ウィンドウ枠の固定と解除


図2-1 セルを移動してみると、行、列が固定され、入力域が見えている部分の項目部分は、スクロースされることなく表示されるようになりました。


ウィンドウ枠のスクロール

以上で、行と列を固定する方法は終わりです。





市民パソコン教室北九州小倉校の「パソコン無料相談」も見てね。

コメント


認証コード5702

コメントは管理者の承認後に表示されます。