範囲内の空白セルを一括して選択する

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


今日は、Excel2010で、効率的にセルを選択する方法です。

空白セルを一括して選択する

図1-1 下図の例のような表があった場合、黄色く設定されたセルが空白セルとなっていますが、これらのセルを、全部選択するには、Ctrlキーを押しながら、マウスの左ボタンでクリックしていく方法がありますが、クリックの位置を間違えてしまうと、やり直さなければなりません。


s空白セルの選択


 そこで、Excelの機能として、空白セルを、一括して選択してくれる機能があります。
 では、やってみましょう。
図2-1 空白セルを選択したい範囲を選択します。
図2-2 「ホーム」タブをクリックします
図2-3 「検索と選択」ボタンをクリックします。
図2-4 「ジャンプ」をクリックします。


sExcel:検索と選択


図3-1 「ジャンプ」ダイアログボックスが表示されますので、「セル選択」ボタンをクリックします。


sExcel:ジャンプ

図4-1 「選択オプション」ダイアログボックスが表示されますので、「空白セル」ラジオボタンをクリックします。
図4-2 「OK」ボタンをクリックします。


sExcel:ジャンプの選択オプション

図5-1 選択範囲の空白セルのみが選択されました。


sExcel:空白セルの選択

 いかがですか、簡単に空白セルが選択できました。対象となるセルが多い時には威力を発揮します。

 ジャンプ機能は、他にも色々ありますので、別にまた、解説したいと思います。





市民パソコン教室北九州小倉校の「パソコン無料相談」も見てね。

コメント


認証コード0927

コメントは管理者の承認後に表示されます。