複数の連続したワークシートのセルを集計する

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


今日は、複数の連続したワークシートにあるセルを集計する方法です。

複数の連続したワークシートのセルを集計する

 例えば、月々の表をワークシートを分けて作成し、その合計を求める場合にこの方法は役立ちます。

 では、数式を見てみましょう。

 ここで使用する関数は、複数の連続したワークシートで同じセルアドレスを集計する方法です。

=SUM(シート名1:シート名2!セルアドレス1)
=SUM(シート名1:シート名2!セルアドレス1:セルアドレス2)
=SUM(シート名1:シート名2!セルアドレス1,シート名1:シート名2!セルアドレス2)

 シート名1:連続するワークシートの開始シート
 シート名2:連続するワークシートの終了シート
 セルアドレス1:集計するセルのアドレス1
 セルアドレス2:集計するセルのアドレス2
 注意)ワークシート名に半角スペースがある場合は、シート名を「’(アポストロフィ)」で囲む必要がります。

ワークシート名に半角スペースがある場合の計算式のワークシート名の書き方:

=SUM(シート名1:シート名2!セルアドレス)



図1-1 図のような表を作成した場合の、数式の入力をしてみます。例では、Sheet1からSheet3までに同じ様式で表が作成されています。Sheet4に合計を出します。
串刺し集計


図2-1 まず、集計結果を出したいシート(Sheet4)のセルB2に=sum(と入力します。
複数のワークシートのセルを集計する


図3-1 Sheet1のシートタブをクリックします。
図3-2 集計をしたいセルB2をクリックします。
図3-3 数式入力エリアに=sum(Sheet1!B2と入力されます。
&複数のワークシートのセルを集計する:計算式を入力


図4-1 キーボードの「SHIFT」キーを押しながら、Sheet3タブをクリックします。
図4-2 集計したいセルは、自動的に選択された状態になっています。
図4-3 数式を見ると=sum('Sheet1:Sheet3'!B2となっています。ENTERを押します。
複数のワークシートのセルを集計する:計算式を入力


図5-1 合計が表示されました。
複数のワークシートのセルを集計する:計算結果の表示


図6-1 計算式を確認して見ましょう。
=sum(Sheet1:Sheet3!B2)となっています。「’(アポストロフィ)」が無いことに注意してください。

 セル範囲を指定したい場合は、B2:C2の様にすればOKです。
複数のワークシートのセルを集計する:計算式の確認

 これで、複数の連続したワークシートにあるセルを集計する方法は終わりです。





市民パソコン教室北九州小倉校の「パソコン無料相談」も見てね。

コメント


認証コード7056

コメントは管理者の承認後に表示されます。