計算式を使わずにセルの値に演算を行う

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


今日は、データを貼り付けする時に貼り付けられるセルに対して、四則演算を行う方法です。

計算式を使わずに演算するには形式を選択して貼り付けを使う

 あるセル範囲のセルの値を10倍にしたいとすると、計算式を使って、その結果をもとのセルに値貼り付けするというのが考えられます。
 しかし、ここでは、「形式を選択して貼り付け」の中で「演算」という機能を使って、計算式を入力することなく、セルの値に演算の結果を設定する方法を実行して見ます。

図1-1 図のように列A1からA14までの範囲の値を一括して10倍にします。
形式を選択して貼り付け

図2-1 まず、貼り付け時に演算に使用する数値をあらかじめ入力しておきます。これは、掛ける値となります。この数値は、貼り付けが終わった後は、消してしまっても構いません。貼り付け後の結果が変わることはありません。
図2-2 「コピー」ボタンをクリックするか、キーボードで「Ctrl」+「C」を押します。
形式を選択して貼り付け:掛ける数値の入力

図3-1 10倍した結果を貼り付けたいセル範囲を選択します。この例ではセルA1からA14までを選択します。
形式を選択して貼り付け:掛けられるセル範囲の選択

図4-1 貼り付けボタンの文字の部分をクリックすると、選択リストが表示されます。絵の部分をクリックすると普通に貼り付けが実行されますので、注意してください。
図4-2 一番下の「形式を選択して貼り付け」を選択します。
形式を選択して貼り付けを選ぶ

図5-1 「形式を選択して貼り付け」ダイアログボックスが表示されます。
図5-2 演算グループの中の「乗算」をクリックします。
図5-3 「OK」ボタンをクリックします。
形式を選択して貼り付け:乗算の選択し貼り付け実行

図6-1 選択範囲のセルの値が10倍されました。他の加算、減算、除算も同じ要領で実行すれば、希望する結果が得られます。
形式を選択して貼り付け:10倍した結果を表示

 以上で、計算式を使わずにセルの値に演算を行う方法は終わりです。





市民パソコン教室北九州小倉校の「パソコン無料相談」も見てね。

コメント


認証コード8577

コメントは管理者の承認後に表示されます。