カテゴリ:Word

ワードであいまい検索と置換

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


今日は、Wordで検索の方法で、あいまい検索の方法です。

あいまい検索で文字列を検索する。

 あいまい検索とは、例えばこんなことです。
 コンピュータ ◆ コンピュ-タ(マイナスと長音記号)
 きょうしつ  ◆ きようしつ(誤入力)
 かたかな   ◆ カタナカ
 など他にも沢山あります。
 要するに、見た目気づきにくいものや、誤入力などが検索できてしまう訳ですね。
 
 では、早速検索して見ましょう。
 検索の手順は、ワードで検索と置換をしてみるを参考にしてください。
今回の検索文字列は、「ヘツダー」です。
サンプル文書の中に「ヘツダー」と「ヘッダー」を混在させています。
ワードであいまい検索と置換:サンプル文書

あいまい検索では、両方が検索されればOKです。

図1-1 「検索と置換」ダイアログボックスが表示されますので、「検索する文字列」として、「ヘッダー」と入力します。
図1-2 「あいまい検索(日)」にチェックを付けます。
図1-3 すぐ下の「オプション」ボタンをクリックします。
ワードであいまい検索

図2-1 「あいまい検索」ダイアログボックスが表示されます。
図2-2 「拗音/促音(ぁぃぅぇぉ)」にチェックが付いているのを確認します。(デフォルトでは、全ての項目にチェックが付いています。)
図2-3 「OK」ボタンをクリックします。
ワードであいまい検索の設定

図3-1 「検索する場所」で、「メイン文書」を選択します。
ワードであいまい検索:検索場所

図4-1 検索結果として、「ヘツダー」と「ヘッダー」が検索されています。
ワードであいまい検索結果

 こうした検索は、複数の人がデータ入力をして、一つに集約した場合に役に立ちます。またよくある例として、長音記号とマイナス記号の例です。入力する人によりどちらを使うかはまちまちです。データを統合するときにこの変換を使うと有効でしょう。

こうして検索した結果を、本来入力したかった文字列に置き換える処理を行ってみます。

図5-1 「検索と置換」ダイアログボックスの「置換」タブをクリックします。
図5-2 「置換後の文字列」に、「ヘッダー」と入力します。
図5-3 「全て置換」ボタンをクリックします。
ワードであいまい検索と置換

図6-1 メッセージが表示され、6個の置換が実行されたことが分かり、さらに続けるかの問い合わせが出ていますので、「はい」をクリックします。
ワードであいまい検索と置換

図7-1 最後まで置換が終了し、全部で7個の置換が行われたことが分かりましたので「OK」ボタンをクリックします。
ワードであいまい検索と置換

図8-1 置換の結果、「ヘツダー」が「ヘッダー」に置き換わっているのが確認できます。
ワードであいまい検索と置換

以上で、Wordでの検索で、あいまい検索の方法は終わりです。

次回は、ワイルドカードを使用した検索の仕方を解説します。
ワードで検索:ワードで検索と置換をしてみる
ワードで検索:ワードでワイルドカードで検索と置換
ワードで検索:ワードで書式や特殊文字で検索と置換
も参考にしてくださいね。



市民パソコン教室北九州小倉校の「パソコン無料相談」も見てね。

コメント


認証コード2313

コメントは管理者の承認後に表示されます。