カテゴリ:Word

ワード2013での表の行・列の簡単な追加方法

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


今日は、ワード2013で表を作った時の行・列の簡単な挿入方法についてです。


使用しているのはもちろんWORD2013です。
この機能はWORD2013になって追加された機能です。

ワード2013では表の行・列追加が簡単

ワード2007、2010では表を作った際に列や行の追加は、「表ツール」タブ「行と列」グループの中のボタンで追加をしていましたが、ワード2013からは、行・列の新たな追加方法が加わりました。もちろん従来の方法も使えます。
同じような方法で行・列の削除はできないようです。

  • 図1-1 サンプルのように表を作成します。
    ワード2013で行と列を簡単に追加する

  • 図2-1 列の追加の場合は、表の外枠の列と列の間にマウスカーソルを移動します。そうすると、外枠の列の間に+記号が現れます。この+記号を左クリックすると、記号を中心として左側に列が追加されます。
    ワード2013で行と列を簡単に追加する

  • 図3-1 列が追加されました。
    ワード2013で行と列を簡単に追加する

  • 図4-1 行を追加する場合は、表の外枠の行と行の間にマウスカーソルを移動します。そうすると、外枠の行の間に+記号が現れます。この+記号を左クリックすると、記号を中心として下側に行が追加されます。
    ワード2013で行と列を簡単に追加する

  • 図5-1 行が追加されました。
    ワード2013で行と列を簡単に追加する

どうですか?簡単になったでしょう。いろいろ改良の余地はあるものですねぇ。

以上で、ワード2013での表の行列の簡単な追加方法については終わりです。


市民パソコン教室北九州小倉校の「パソコン無料相談」も見てね。






ブログのお題拝借

コメント


認証コード5986

コメントは管理者の承認後に表示されます。