エクセルのよく使う関数、VLOOKUP関数

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


今日は、エクセルのよく使う関数、VLOOKUP関数についてです。

値を検索する、VLOOKUP関数

 ■VLOOKUP関数の書式(引数で指定した内容にエラー値があるかチェックする)
  =VLOOKUP(検索値, 範囲, 列番号, [検索の型])
   検査値:範囲から探したい値を指定する。
   範囲:検索をしようとする検査値を左端の列として含むデータの範囲です。
   列番号:検査とを範囲から検索して見つかった時、参照する列位置。範囲の左端の列を「1」とし数えた列位置。
   検索の方:検査値を範囲から検索する時の検査方法で、false:完全一致、TRUE:検査値未満の最大値

エクセルで検索を行う場合によく使われるのが、VLOOKUP関数ではないでしょうか。
類似の関数には、

  • HLOOKUP関数
  • LOOKUP関数

があります。

関数の考え方はどちらも同じようなものです。VLOOKUP関数が理解できれば、これらの関数もすぐに理解できると思います。

では、VLOOKUP関数の使い方です。

VLOOKUP関数には2通りの使い方があります。

VLOOKUP関数、完全一致検索

1番目の使い方は、検索するキーが完全に一致する検索を行う場合です。

例を見てください。

この例では、
A列に検索のキーとなる商品CD列があります。
B列には商品名
C列には単価という表があります

セルA29に検索キーとなるデータを入力します。
セルB29に検索結果となる商品名を表示します。
セルC29にさらに検索結果になる単価を表示します。

この例のVLOOKUP関数の数式の例は以下のようになります。

=VLOOKUP(A29,A2:C27,2,FALSE)

  A29:商品コードです

  A2:C27:検索キーが有るデータ範囲です(検索キーとなる列は最初の列でなくてはなりません)

  2:商品名の列を指しています。A2:C27の列で言うとB列となり、A列から数えて2番目の列という意味です

  FLASE:A29のキーとA列の検索キー列の値が完全に一致するキーを検索する指定です。この時検索される側のA列の値は、昇順、降順に並んでいる必要はありません。

この式の場合、A29に「1」と入力すると、セルB29には「商品名1」が表示されます。

エクセルのよく使う関数、VLOOKUP関数

VLOOKUP関数、近似値検索(検索値未満の最大値)

2番目の使い方は、検索するキーが完全に一致するのではなく、検索値に幅はある場合に行う場合です。

例を見てください。

この例では、標準報酬月額の表を検索して、報酬月額から該当する等級を検索して見ます。

A列に検索のキーとなる報酬月額があります。
C列には等級の健康保健等級があります。A列から数えて3番目です。

セルB51に検索キーとなるデータ(平均給与)を入力します。
セルC51に検索結果となる健康保健の等級を表示します。

この例のVLOOKUP関数の数式の例は以下のようになります。

=VLOOKUP(B51,A2:F49,3,TURE)

  B51:平均給与額です

  A2:F49:標準報酬データ範囲です

  3:健康保健等級の列を指しています。A2:F49の列で言うとC列となり、A列から数えて3番目の列という意味です

  TRUE:B51のキーとA列の検索キー列の値の近似値を検査します。この時検索される側のA列の値は、昇順に並んでいる必要があります。

 この式の場合、B51に「123456」と入力すると、セルC51には「9」が表示されます。この結果の意味は、A列を検索し、検索値未満の最大値になるキー値は、「122,000」で、同じ行の左(検索キー列)から3番目の列「9」等級が結果として返されることになります。

エクセルのよく使う関数、VLOOKUP関数

HLOOKUP関数とLOOKUP関数

 HLOOKUP関数は、VLOOKUP関数が行う検索を列方向に読み替えれば理解できます。つまり検索方向が、VLOOKUP関数は行方向ですが、HLOOKUP関数は、列方向に検索していきます。丁度、VLOOKUP関数で使う表を90度回転させた表が有ると考えれば理解しやすいと思います。


 LOOKUP関数は、VLOOKUP関数とHLOOKUP関数の簡易版と考えればいいと思います。
 LOOKUP関数は、行方向でも、列方向でも検索を行うことが出来ますが、検索結果は一行もしくは一列を示す範囲しか指定することが出来ません。

 HLOOKUP関数とLOOKUP関数の使用例を掲載しておきます。
 HLOOKUP関数の例は、VLOOKUP関数で使用した表を行列を入れ替えてコピーしたものです。

エクセルのよく使う関数、VLOOKUP関数

以上で、エクセルのよく使う関数、VLOOKUP関数の使い方は終わりです。

市民パソコン教室北九州小倉校の「パソコン無料相談」も見てね。






ブログのお題拝借

コメント


認証コード8535

コメントは管理者の承認後に表示されます。