エクセルのよく使う関数、SUM関数

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


今日は、エクセルのよく使う関数、SUM関数についてです。

値を集計する、SUM関数

 ■SUM関数の書式(引数で指定したセルの合計をを求める)
 
  =SUM(数値 [,数値2]…[,数値255])
  =SUM(セルアドレス,セルアドレス,セルアドレス,…)
  =SUM(セル範囲…)
  =SUM(セルアドレス,セル範囲,数値…)

   セルアドレス:単一のセルアドレス

   数値:直接数値を指定できます

   セル範囲:検索をしようとする検査値を左端の列として含むデータの範囲です。

   以上を混在指定指定することも出来ます。

エクセルで数値を集計するのに大変よく使われるのが、SUM関数ではないでしょうか。
よく使われる関数として、SUM関数は、ΣオートSUMとしてリボンにあらかじめボタンまで準備されています。
エクセルのよく使う関数、SUM関数


エクセルのよく使う関数、SUM関数

 集計されるデータは、数値のみです、引数に指定した範囲内に、論理値や文字列が入力されていても、集計時に無視されます。

 また、集計範囲内にエラー値がある場合は、SUM関数の値は、エラーになります。

 参考までに、SUM関数を使って集計処理をする場合に、SUM関数の引数に直接数値や文字列、論理値を指定する場合は、以下の処理が行われます。
 

  • 文字列として入力されもののうち、数値に変換できる文字列は、集計される。("123"は集計される、"A123"はエラーになる)
  • 論理値「TRUE」は「1」として集計される。
  • 上記の2つの処理は、セルアドレスの結果として参照される場合は、集計時に無視される。
  • 文字列(数値に変換できないもの)を指定するとエラー(#VALUE!)になる。

SUM関数の使用例を掲載しておきます。

エクセルのよく使う関数、SUM関数

以上で、エクセルのよく使う関数、SUM関数の使い方は終わりです。

市民パソコン教室北九州小倉校の「パソコン無料相談」も見てね。






ブログのお題拝借

コメント


認証コード0656

コメントは管理者の承認後に表示されます。