カテゴリ:Word

ワードで見えなくなった図形を選択する

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


今日は、ワードで見えなくなった図形を選択する方法です。


この操作はワード2013で行っています。

見えなくなった図形を選択する

 ワードで図形を追加していくと、図形が重なり、図形の前後関係から図形が見えなくなってしまうことが有ります。この時せっかく配置した図形を移動させて隠れた図形を移動しなくてはならないのでしょうか。

 大丈夫です。隠れた図形を選択する方法がちゃんとあります。

 では、選択する方法です。

図1-1 図形が二つあり、重なった状態になっています(背面に青い四角が隠れています)。
ワードで見えなくなった図形を選択する方法です。


図2-1 前面に見える図形を選択します。
ワードで見えなくなった図形を選択する方法です。


図3-1 「Tab」キーを押します。背面に隠れている図形が選択されハンドルが表示され、選択された状態になります。
ワードで見えなくなった図形を選択する方法です。


図4-1 表示された枠線の上にマウスカーソルを移動し、ドラッグすれば背面に隠れている図形を移動することが出来ます。ここで枠線以外をクリックしてしまうと、前面の図形が選択されますので注意してください。
ワードで見えなくなった図形を選択する方法です。

 別の方法も紹介します。

図5-1 「ページレイアウト」タブをクリックします。
図5-2 「配置」グループの「オブジェクトの選択と表示」ボタンをクリックします。
ワードで見えなくなった図形を選択する方法です。


図6-1 オブジェクトの選択パネルが画面右端に表示されます。
図6-2 前面に表示されている図形がリストの上位に表示されています。
ワードで見えなくなった図形を選択する方法です。


図7-1 リストを選択すると、該当する図形が選択されます。複数の図形を選択する場合は「Ctrl」キーを押しながらクリックしていきます。
図7-2 目のアイコンをクリックすると、一時的に図形の非表示/表示を切り替えることも出来ます。
ワードで見えなくなった図形を選択する方法です。


図8-1 前面の図形を非表示にした状態です。
ワードで見えなくなった図形を選択する方法です。

以上で、ワードで見えなくなった図形を選択する方法は終わりです。






市民パソコン教室北九州小倉校の「パソコン無料相談」も見てね。

ブログのお題拝借

コメント


認証コード7176

コメントは管理者の承認後に表示されます。