エクセルのセル参照形式のR1C1参照形式

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


今日は、エクセルのセル参照形式のR1C1参照形式についてです。


操作には、マイクロソフトOfficeのエクセル2013を使用します。

セル参照のもう一つの形式R1C1参照形式

  • 図1-1 エクセルで計算式や関数を使ってセルを参照する場合は、図の例の様にB4を参照する場合には「=B4」の様に入力します。図では、緑色の部分には計算式が入力されています。単純なセルを参照する式です。
     これらの計算式は、ほとんどの方が見慣れた計算式なので、特に説明する必要なないと思います。
    エクセルのR1C1参照形式:普段はA1参照形式

  • 図2-1 計算式の形式を変更します。まず、「ファイル」タブ「バックステージビュー」の「オプション」をクリックすると、「Excelのオプション」ダイアログボックスが表示されます。
  • 図2-2 「数式」をクリックします。
  • 図2-3 「数式の処理」グループのR1C1参照形式を使用するにチェックを付け、「OK」ボタンをクリックします。
    エクセルのR1C1参照形式:参照形式の変更

  • 図3-1 同じ計算式が図のように変わりました。図のR1C1参照形式の数式を見ていきます。まず、見ておきたいのが、オプション設定変更後の列記号です。変更前は「A、B、C…」でしたが、変更後は「1、2、3・・・」に変わっています。
     つまり、R1C1参照形式では、列記号に「A、B、C」という記号は使わないということです。
  • R1C1参照形式の記述の説明
    • R:行を表します(Row(行)と覚えればOK)
    • C:列を表します(Column(列)と覚えればOK)
    •   書き順は、RCの順番で書きます。
    • []:式が入力されているセルから見た相対的な行や列の位置を数値で表します。
    •   右方向・下方向は正の数値、左方向・上方向は負の数値を[]の中に書きます。
    •   []が無くRとCの直後に数値のみを記述した場合は、絶対参照となります。R1C1はセルA1を表し、R4C2はセルB4を表します。
    •   同じ行同士の計算式、同じ列同士の計算式がある場合は、RまたはCの直後の数値はない(もし記述できるとすれば「0(ゼロ)」と言うことになりますが、「0(ゼロ)」を書くと「数式に問題がある」となり入力することが出来ません。
        A3に計算式を入力する場合 =A1+A2→=R1C+R2C の様になります。
  • 図3-2 緑色の部分には、計算式が入力されています。計算式の内容は、図1-1と同じです。セルの参照形式を変更するとこの図のようになります。
     相対参照で式を入力する場合は、「基準となるセル1」の計算式を見ると、計算式を入力する位置と参照先のデータが有る位置が相対的に同じ位置にある場合は、どのセルに位置に計算式を書いても同じ計算式なることが想像できます。A1参照形式では、こんなわけにはいきませんよね。
    エクセルのR1C1参照形式:式の見方

  • 図4-1 別の式を見てみます。
     A1参照形式では、行ごとに数式の行番号が変化しています。ところがR1C1参照形式では、全てが同じ計算式になっています。
     同じ記述で異なる行や列の計算式が書けるわけですから、自動的に計算式をセルに設定するマクロを作る時には都合がよさそうですね。
    エクセルのR1C1参照形式:計算式の利用


     例えば、こんなことが出来ます。

例:

Option Explicit

Sub fml()
Dim i As Long
Dim j As Long
'(I列)の2行目から10行目までに計算式を設定する。式は1行前のセルの値を参照するR1C1参照形式
j = 9

For i = 2 To 10 Step 1

Cells(i, j).FormulaR1C1 = "=R[-1]C"

Next

'(J列)の2行目から10行目までに計算式を設定する。式は1行前のセルの値を参照する。A1参照形式

For i = 2 To 10 Step 1

Cells(i, j + 1).Formula = "=J" & i - 1

Next

End Sub

 R1C1参照形式は、普段はあまり使わない参照形式ですが、マクロを使う時には便利に使えそうですね。

 もし、この見慣れない計算式を見つけた時は「あの時見た」ことを思い出していただければと思います。

 自分で参照形式を変更した覚えがないのに勝手に変わっています現象は、このことが原因かもしれませんね。
 自分で保存した場合はともかく、他の人から受け取ったファイルを最初に開いた場合にこのような現象に遭遇してしまう事があり得ます。
 知らない人にとっては、「エクセルのファイルが壊れたー。エクセルファイルを開いたとき、列記号が1、2、3・・・で表示される。」なんてことになってしまいそうですから、アドバイスしてあげられるといいですね。

以下にマイクロソフトの解説サイトを掲載しておきます。

Excel で R1C1/A1の参照形式がファイルを開くと変更される
http://support.microsoft.com/kb/405338/ja
これは、エクセルの仕様だそうです。

 以上で、エクセルのセル参照形式のR1C1参照形式については終わりです。




市民パソコン教室北九州小倉校の「パソコン無料相談」も見てね。

ブログのお題拝借

コメント


認証コード8613

コメントは管理者の承認後に表示されます。