OutLookで起動時に指定アカウントの受信トレイを開く方法

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


今日は、OutLookで起動時に指定アカウントの受信トレイを開く方法です。


使用するOutLookはOutLook2013を使用します。

指定した受信トレイを開く

 GmailやOutLook・Yahooメールなど、無料で使えるwebメールが充実してきて、OutLookを使わなくても、という向きもあるかもしれません。
 いずれにしても、使用目的や、利便性、好き嫌いもあるでしょうが、しっかりOutLookを使っていらっしゃる方のために。

 複数のメールアドレスを持っていて、それをOutLookに登録している場合に、どれかの受信トレイをOkuLookが起動したときに、最初に表示させたい場合にこの設定が利用できます。

  • 図1-1 「ファイル」タブをクリックします。
    OutLookの起動時に指定した受信トレイを開く:オプションの設定

  • 図2-1 「バックステージビュー」が表示されますので、「オプション」をクリックします。
    OutLookの起動時に指定した受信トレイを開く:オプションの設定

  • 図3-1 「OutLookのオプション」ダイアログボックスが表示されますので、「詳細設定」をクリックします。
  • 図3-2 「OutLookの開始と終了」グループの「OutLookの起動後に表示するフォルダー」のテキストボックスの横にある、「参照…」ボタンをクリックします。
    OutLookの起動時に指定した受信トレイを開く:OutLookの起動後に表示するフォルダーの指定

  • 図4-1 「フォルダの選択」ダイアログボックスが表示されます。
  • 図4-2 OutLookの起動後に表示するフォルダーを選択し、「OK」ボタンをクリックします。
    OutLookの起動時に指定した受信トレイを開く:OutLookの起動後に表示するフォルダーを選択する

 これで、一度OutLookを再起動して見てください。指定した受信トレイが最初に開くようになっています。

 以上で、OutLookで起動時に指定アカウントの受信トレイを開く方法は終わりです。




市民パソコン教室北九州小倉校の「パソコン無料相談」も見てね。

ブログのお題拝借

コメント


認証コード7352

コメントは管理者の承認後に表示されます。