カテゴリ:Word

ワードの表で行の途中で改ページしないようにする

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


今日は、ワードの表で、行の途中で改ページしないようにする方法です。


この操作は、WORD2013で操作します。

表の行の途中で改ページしないようにする

 ワードの表の作成で、一つのセルに複数行入力する表を作ることがあります。
 この時、この表が2ページ以上にわたる場合に、改ページされるときに、一つのセルが2ページにわたって表示されてしまうことがあります。余白を使って調整も出来ますが、各行のセルの行数が不規則な場合は、余白調整ではなかなか困難です。

 こんな時は、表の行プロパティーを設定して、自動的に表の行が2ページに渡らないように設定することが出来ます。

  • 図1-1 図のような表があり、行が2ページ渡って改ページされている所があります。
     まず、表全体を選択します。
  • 図1-2 「表ツール」の「レイアウト」タブの「表」グループの「プロパティ」ボタンをクリックします。
    ワードの表で行の途中で改ページしない:表のプロパティ

  • 図2-1 「表のプリパティ」ダイアログボックスが表示されます。
  • 図2-2 「行」タブをクリックします。
  • 図2-3 「オプション」グループの「行の途中で改ページする」のチェックを外します。
  • 図2-4 「OK」ボタンをクリックします。
    ワードの表で行の途中で改ページしない:行の途中で改ページ

  • 図3-1 設定の変更後の結果です。改ページの位置がうまく調整されています。
    ワードの表で行の途中で改ページしない:改ページが調整できる

  • 図4-1 例の文書全体を見ても、改ページはうまくいっています。
    ワードの表で行の途中で改ページしない:表全体の改ページの調整する

 表を扱う場合には便利な設定です。こんなことも出来るくらいには、覚えておくといいですね。

 以上で、ワードの表で行の途中で改ページしないようにする方法は終わりです。




市民パソコン教室北九州小倉校の「パソコン無料相談」も見てね。

ブログのお題拝借
Tag: ワード Word 改ページ 表のプロパティ 行の途中で改ページ

コメント


認証コード4777

コメントは管理者の承認後に表示されます。