エクセルの既定のフォントを変更

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


今日は、エクセルの既定のフォントを変更する方法です。


 この操作はエクセル2013で操作します。

エクセルの既定のフォントを変更

 エクセルを起動したときに使用されるフォントを気にかけたことがあるでしょうか。エクセルの既定値は以下のようになっています。

  • フォント:MS P ゴシック(本文のフォント)
  • フォントサイズ:11ポイント

このフォントの設定は変更することが出来るので、その方法を紹介します。

  • 図1 (既定のフォントを変更する)
    • 1-1 「ファイル」タブをクリックし「バックステージビュー」を表示します。
    • 1-2 「オプション」をクリックします。
       「EXCELのオプション」ダイアログボックスが表示されます。
      エクセルの既定のフォントを変更:オプション選択

  • 1-3 「基本設定」の「新しいブックの作成時」グループの「次を既定フォントとして使用」で、使用したいフォントをリストから選択します。例では、「メイリオ」に設定します。
  • 1-4 「フォントサイズ」を選択します。例は、そのまま「11ポイント」とします。
  • 1-5 「OK」ボタンをクリックします。
    エクセルの既定のフォントを変更:オプションの基本設定

 以上で、既定のフォントが変更されました。

 この設定を適用するには、エクセルを再起動が必要です。

  • 図2 (既定のフォント変更後比較)
    • 2-1 既定のフォント変更前後
       「ホーム」タブのフォントの表示が、「MS P ゴシック」から「メイリオ」に変更されているのが分かります。

       比較を見てわかるように、既定のフォントが変更されると、セルの幅や高さが既定のフォントに合わせて調整されます。

       また、既存のブックを、既定のフォントを変更したブックにコピー・移動・読み込みしても既存のブックのフォントが変わることはありません。
      エクセルの既定のフォントを変更:既定フォント変更前 エクセルの既定のフォントを変更:既定フォント変更後

 以上で、エクセルの既定のフォントを変更する方法は終わりです。




市民パソコン教室北九州小倉校の「パソコン無料相談」も見てね。

ブログのお題拝借
Tag: エクセル EXCEL 既定のフォント エクセルのオプション MS P ゴシック 再起動

コメント


認証コード3300

コメントは管理者の承認後に表示されます。