iPadの画面全体の拡大方法

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。

ちょっとひとり言

 雨が上がり、今日は比較的涼しい一日でした。早朝はひんやりとして、「思わず涼し〜」と言っていました。

 今日のニュースでは、新開発のロケット「イプシロン」の打ち上げが延期されたことが詳しく報道されていました。
打ち上げ準備の短縮や費用の削減などの特徴を持ったロケット無事成功するといいですね。多くの人が発射を見ようと見学に来ていたそうですが、2度目の延期ということになったようで、残念でしたね。

 宇宙に思いをはせるのは、心が躍りますね。


 今日は、iPadの画面全体の拡大方法です。


 この操作は、iPad4で行います。

ズーム機能を設定をする

 iPadで画面を拡大するときは、ピンチ機能を使って拡大縮小する場合は、通常コンテンツ部分を拡大をするだけで、画面全体の拡大はできません。次に紹介する設定は画面全体を拡大することができるようになります。視力の弱い方には有効だと思います。

 では、指定方法です。

  • 図1 (画面全体を拡大する)
  • 1-1 「情報」アイコンをタップします。
    iPdaの画面全体の拡大方法:設定アイコン

  • 1-2 「設定」メニューから「一般」をタップします。
  • 1-3 一般の項目から「アクセシビリティ」をタップします。
    iPdaの画面全体の拡大方法:アクセシビリティ

  • 1-4 「アクセシビリティ」の「視覚サポート」グループから「ズーム機能」をタップします
    iPdaの画面全体の拡大方法:ズーム機能

  • 1-5 「ズーム機能」を「オン」にします。
     ホームボタンを押して、設定画面を閉じます。
     拡大縮小の方法です。説明書きにもありますが。
    • 拡大:3本指でタップします
    • 画面内移動:3本指でドラッグします
    • 拡大倍率変更:ダブルタップしてそのままドラッグします。ドラッグを下方向で縮小、ドラッグを上方向で拡大されます。
      iPdaの画面全体の拡大方法:ズーム機能穂操作方法

 以上で、iPadの画面全体の拡大方法は終わりです。




市民パソコン教室北九州小倉校の「パソコン無料相談」も見てね。

ブログのお題拝借
Tag: iPad 画面拡大 3本指 設定 一般 アクセシビリティ ズーム機能

コメント


認証コード1165

コメントは管理者の承認後に表示されます。