カテゴリ:Word

Word2010漢字にルビ(ふりがな)を振る

こんにちは。市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


今日は、Word2010での漢字への振り仮名(ルビ)の振り方です。


Word2003までは、「書式」「拡張書式」「ルビ」とメニューの深いところにありましたが、Word2007以降は、表に出てきてわかりやすくなりました。



では、やってみましょう。
1.ルビを振りたい文字を選択。
2.「ホーム」タグをクリック。

ホームタグとルビボタン

3.「ルビ」ボタンをクリック。または、マウスで文字を選択して左ボタンを離すとミニツールバー出るので、ここからも「ルビ」ボタンを選択できます。
対象文字の選択とミニツールバー
4.「ルビ」ダイアログボックスが開く。
5.ルビ(R):のテキストボックスに表示したいルビの文字列を入力。(ちなみに、ひらがな、カタカナ、漢字まで入力出来てしまいます。)
6.ルビ文字の調整をする。(初期値のままでは、ルビとルビを振られる文字とが近すぎてちょっと見にくい。)

ルビダイアログボックス

配置(L):ルビに対するルビを振られる文字列の配置(均等割り付け1)
オフセット(O):ルビとルビを振られる文字との間隔(2~3)
フォント(F):ルビのフォントスタイル(好きなフォントを選ぶ)
サイズ(S):ルビのフォントサイズ(7~9)
7.以上を適宜調整してOKボタンをクリック。
文字にルビを振った結果
以上で、ルビを振ることができます。
いろいろ調整して試してみてください。



コメント


認証コード1855

コメントは管理者の承認後に表示されます。