カテゴリ:Word

タブを使って文字の配置を揃える

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


今日はWord2010で、タブを使って文字の配置をきれいに揃える方法です。

タブを挿入して文字位置をきれいに揃える

 タブを使って、上手に文字間隔を調整することが出来るようになります。
 フォントには、プロポーショナルフォントと等幅フォント2種類があり、プロポーショナルフォントを使った場合は、文字の位置を合わせるのは非常に困難です。
 そこで、利用できるのが、タブ(Tab)文字です。
 それでは、タブ文字を使ってみましょう。
図1-1 例の様に、文字揃えが不揃いになって見にくい文書を、下の例の様に、文字の配置をきちんと揃えるように設定します。
タブで文字配置の調整


図2-1 「表示」タブをクリックします。
 まず、作業がし易いように、ルーラーと編集記号の表示をしておきます。
 「ルーラー」は、タブ位置の調整の時に使用します。
 「編集記号」は、タブを入力した時に編集用の特殊な文字(タブ文字など)が表示されるようにします。
 
図2-2 表示グループの「ルーラー」にチェックを付けます。
図2-3 「表示」タブをクリックします。
図2-4 「段落」グループの「編集記号の表示」ボタンをクリックします。これで準備版完了です。
ルーラーと編集文字の表示

図3-1 タブ文字を文字配置を調整したい位置に挿入します。
タブ位置の挿入


図4-1 文字列の配置を調整したい行を選択します。
タブで文字配置の調整する行の選択

図5-1 挿入するタブの形式を選択します。
 よく使われるタブの種類は以下の4種類を覚えればいいと思います。

  • 右寄せタブ
  • 左寄せタブ
  • 中央寄席タブ
  • 小数点合わせタブ

 この部分をクリックすると、タブの種類が変更されます。(今回は左寄せを選びます。図と同じです)
図5-2 文字列の位置を調整する行を選択します。

図5-3 文字の配置調整開始位置付近のルーラーの、すぐ下のグレーの部分をクリックします。これでタブ位置が挿入されました。位置の調整は、今挿入したタブ位置の記号をドラッグさせることで、いつでも調整できます。
タブの形式選択とタブ位置の挿入

図6-1 文字列の位置が調整され、文字列の並びがきれいにそろいました。
タブで文字配置の調整:結果

タブの調整は、タブ文字が挿入された後の文字列に対して調整します。(これはとっても重要です。覚えておきましょう)

他のタブ機能も文字の配置のされ方が違うでけで、設定の仕方は皆同じです。

タブを使って文字の配置を揃える設定の仕方は終わりです。





市民パソコン教室北九州小倉校の「パソコン無料相談」も見てね。

コメント


認証コード3278

コメントは管理者の承認後に表示されます。