エクセルで、日付書式にこだわる

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


今日は、エクセルで、日付表示の書式設定の方法です。

日付の書式の「日」部分の位置を合わせる

 今さらというところですが、こだわりのある人向けです。

 日付を表示する際に、そのまま表示すると

  4月1日
  4月11日
  
  となって、日付の「日」位置がずれて表示がずれてしまいます。このずれをなくし「日」の位置を合わせる方法です。
  
 簡単
  4月01日
  4月11日

 で、いいじゃない。これで終わらないでください。

  4月 1日
  4月11日

 と表示したいとこだわる方もいると思います。

 そこで、以下の様にすると、見事、位置を合わせることが出来ます。
 (フォントスタイルを等幅フォントにしてください)

 そこまでしなくでも。でもそこは、「こだわり」です。

 =TEXT(A2,VLOOKUP(C2,$E$2:$F$5,2))

  A2:日付のデータが入っているセルアドレス
  VLOOKUP:日付の表示書式を探して設定します。

この関数を使う形式で数字を編集すると、計算は出来なくなっていますので注意してください。

書式の意味は
ge年m月_0d日

  • g:元号->MTSHを表します
  • e:和暦の年
  • m:月
  • _0:表示はされないが、「_」は、直後に続く1文字分の幅の空白を空けるという意味です。ですので、「0」の文字幅の空白を空けるということになります。

セルの書式設定で指定する

セルの書式設定でも行うことが出来ますが、非常に煩雑です。

セルの書式設定(ユーザー設定)

 [<41284]yyyy/m/_0d;yyyy/m/d

 [<41284]は、日付のシリアルとを表しています。41284は2013年1月10日を表しています。
 この意味は、このセルの日付が2013/4/10より小さい場合はyyyy/m/_0dの書式を使用して表示し、以外はyyyy/m/dの書式を使用して表示するという意味です。

 この書式設定は、2013/1/1~2013/1/31の間は「日」の部分を合わせることが出来ますが、この期間を外れると、ずれてしまいます。つまり、月ごとにセルの書式設定をしなくてはなりません。しかし、この書式設定を使うと、このセルは計算のデータとして使うことが出来ます。
 
 
エクセルで日付の書式設定のこだわり

以上で、エクセルで、日付表示の書式設定の方法は終わりです。

市民パソコン教室北九州小倉校の「パソコン無料相談」も見てね。






ブログのお題拝借

コメント


認証コード4067

コメントは管理者の承認後に表示されます。