インターネットエクスプローラー(IE)の起動時に開くページ

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


今日は、インターネットエクスプローラー(IE)の起動時に開くページの設定についてです。


この操作は、Windows8のIE10で操作します。

インターネットエクスプローラー(IE)の起動時に開くページの設定

 IEを開いた時に、毎回同じページをブックマークや検索で開いていませんか。

 また、しばしば、フリーソフトやメーカー製のソフトをインストールするとインストールプログラムによって最初に開かれるページが変更されることがあります。
 自分には意図しないページが毎回開くようになって、困ったことはないでしょうか。また変更の方法が分からなくて、そのままにしている方はいらっしゃらないでしょうか。

 今日は、その設定変更の操作方法です。覚えて便利にに使ってください。

  • 図1-1 IEのオプションを開きます。(「閉じる」ボタンのすぐ下にある「歯車マーク」をクリックします。)
  • 図1-2 表示されたメニューから、「インターネットオプション」を選択します。
    IEの起動時に開くページの設定:インターネットオプションを開く

  • 図3-1 複数のページが開いた状態の例です。ページタイトルが、タブに表示されて、左側のアドレスボックスにはそのページのURLが表示されています。
  • 図3-2 ここには、アクティブになったページのURLが表示されます。例の図はGoogleです。
    IEの起動時に開くページの設定:ブラウザ起動時の複数ページの表示

  • 図4-1 図3-1の様にIEを起動する場合の「インターネットオプション」の例です。三つのURLがボックスの中に記述されています。
     このように、最初に開きたいページのアドレスを設定しておくと、IEの起動時に毎回これらのページが開くので手間が省けます。
  • 図4-2 このようなページの登録方法は、このボックスの下にある、「現在のページを使用」ボタンをクリックするだけで、簡単に登録できます。
     今から行う操作の結果をその場で取り消したい場合は、一番下にある「キャンセル」ボタンをクリックすれば、今の設定は破棄されますので、ご心配なく。
     では、クリックして見てください。既に登録されているアドレスが消えて、現在開いているページのアドレスが、一気にボックスの中に書き込まれます。ここで、「OK」ボタンをクリックすると、設定が登録されますのでご注意ください。
     では、IE起動時に複数の不要なページが開いて困る方は、ここのURLを消してしまえば、不要なページは開かなくなります。
     どのURLがどのページなのかを確認するには、図3-1のところを見ると分かるように、IEのタブをクリックすると、開いたページのURLが左側のアドレスボックスに表示されています。ここを見れば、ページのアドレスを確認することが出来ます。ボックスの中から同じアドレスを見つけ、削除すれば、次回から、そのページは表示されなくなります。
     アドレスが分かっている場合は、直接キーボードで入力することも出来ます。それぞれのURLは改行されていなくてはなりません。
  • 図4-3 「標準設定」では、http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkId=255141 が登録されます。
  • 図4-4 「新しいタブの使用」では、 about:Tabs が登録さます。
    IEの起動時に開くページの設定:ブラウザ起動時に開くページの設定

  • 図5-1 「新しいタブの使用」でIEを起動した例です。
    IEの起動時に開くページの設定:IEの最初に開くページを新しいタブの使用にした例

 以上で、インターネットエクスプローラー(IE)の起動時に開くページの設定については終わりです。




市民パソコン教室北九州小倉校の「パソコン無料相談」も見てね。

ブログのお題拝借
Tag: Windows8 IE インターネットエクスプローラー インターネットオプション ブラウザ 最初に開くページ

コメント


認証コード3400

コメントは管理者の承認後に表示されます。