エクセルの罫線の引き方

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。

ちょっとひとり言

 無線LANの新しい規格(IEEE 802.11ac)が2014/1/7に正式に認証されました。理論上の最大通信速度は、6.9Gbpsということです。私は、どうもbpsで表現されるとピンと来ないのでByteに変換してみました。

 6.9×1000×1000×1000 =6,900,000,000bit(69億)
 6,900,000,000÷8bit=862,500,000Byte(bitを8で割るとbyteに変換できます)
 862,500,000÷1000=862,500KByte(キロに変換、本当は1024で割るのが正しいですがここは簡易に。以下も同様)
 862,500÷1000=862.5MByte(メガに変換)
 862.5÷1000=0.8625Gbyte(ギガに変換)

 ということになります
 
 これでみると、約5秒間余りででDVD1枚分(4.7Gbyte)のデータを送信できることになります。理論上ではありますがすごい速さですね。
 速さへの探求はこれからも楽しみですね。


 今回は、初心にもどってエクセルの罫線についてです。
 エクセルを使い始めた方たちにはまずは知っておきたい機能の一つではないでしょうか。


 この操作は、マイクロソフトOfficeのEXCEL2013で行います。

セルの罫線(枠線)を引く

セルの書式設定

  • 図1 ( 縦線、横線、上線、下線、斜め線)
  • 1-1 エクセルの罫線には、タイトルのように、5か所に罫線を引くことができるようになっています。
     罫線を引く方法は、いくつか用意されています。罫線を引きたい範囲を選択してから、以下の操作を行います。
  1. 「ホーム」タブ、「フォント」グループ、「外枠作成」ボタンから行う方法。
    エクセルの罫線:罫線の引き方の種類

  2. 「ホーム」タブ、「セル」グループ、「書式」ボタン、「セルの書式設定」メニューからセルの書式設定ダイアログボックスを表示、「罫線」タブから行う方法。
    エクセルの罫線:罫線の引き方の種類

  3. 選択範囲の中で「右クリック」してプルダウンメニューを表示、「セルの書式設定」メニューからセルの書式設定ダイアログボックスを表示、「罫線」タブから行う方法。
     2番目と3番目は、たどる経路が違うだけで、罫線を引くときは、「セルの書式設定」ダイアログボックスの「罫線」タブから罫線の設定を行います。
    エクセルの罫線:罫線の引き方の種類


  • 図2  セルの罫線(枠線)その1(外枠作成)
     ここでは、方法の1について解説します。
     まず、罫線を引きたい範囲を選択します。
    • 2-1 「ホーム」タブ、「フォント」グループ、「外枠作成」ボタンを押すと罫線メニューが表示されます。

    • 2-2 例えば、「左罫線」を選択すると、選択範囲の最も左側のセルの範囲に罫線が引かれます。ここで注意したいのは、選択範囲の各セルの左側ではないことです。上下左右の各罫線を選んだ場合は、選択範囲の外枠に当たる部分に引かれることを覚えておくといいでしょう。
      エクセルの罫線:外枠で罫線を引く

    • 2-3 各罫線の引かれ方は以下のようになります。罫線の結果は下の図のようになります。
エクセルの罫線:罫線の引き方の種類
罫線の引かれ方
1:選択範囲の最も下のセル範囲に罫線を引く
2:選択範囲の最も上のセル範囲に罫線を引く
3:選択範囲の最も左のセル範囲に罫線を引く
4:選択範囲の最も右のセル範囲に罫線を引く
5:選択範囲のセル全ての罫線を消す
6:選択範囲のセル全てに格子状に罫線を引く
7:選択範囲の外枠に罫線を引く
8:選択範囲の外枠に太罫線を引く
9:選択範囲の最も下のセル範囲に二重罫線を引く
10:選択範囲の最も下のセル範囲に太罫線を引く
11:選択範囲の最も下と最も上のセル範囲に罫線を引く
12:選択範囲の最も下のセル範囲に太罫線を引き、最も上のセル範囲に罫線を引く
13:選択範囲の最も下のセル範囲に二重罫線を引き、最も上のセル範囲に罫線を引く



エクセルの罫線:外枠で罫線を引く

  • 2-4 枠線作成の中には「罫線の作成」グループメニューがあり、「罫線の作成」メニューを選択すると、マウスのドラッグ操作で罫線を引くことができるようになります。マウスカーソルが鉛筆の形の変わりますので、セルの上で、マウスをドラッグして罫線を引きます。この場合の罫線の引き方は、前の2-3のように罫線の位置が変わるたびに位置を指定しなくても罫線を引くことができるところが便利なところです。縦横罫線は簡単に引くことができますが、斜め罫線はセルの任意の四隅にあわせ斜め方向にドラッグしないとうまく引くことができないので、ちょっと練習が必要かもしれません。
     「罫線グリッド作成」は前の2-3の6に相当する機能でセル範囲をドラッグすると格子状に罫線が引かれます。
     「罫線の削除」はマウスをドラッグした位置や範囲の罫線を消すことができます。カーソルが消しゴムの形に変わります。

  • 2-5 「罫線の色」では、罫線の色を指定することができます。色を選択した後は、変更するまで指定した色で罫線が引かれます。
    エクセルの罫線:罫線の色

  • 2-6 「線のスタイル」では、線の太さや、二重線、破線、点線などの指定ができます。これも、罫線のスタイルを選択した後は、変更するまで指定した罫線のスタイルで罫線が引かれます。
    エクセルの罫線:罫線のスタイル


  • 図3 セルの罫線(枠線)その2(書式ボタン)
     ここでは、方法の2について解説します。
     罫線を引きたい範囲を選択します。
    • 3-1 「ホーム」タブ、「セル」グループ、「書式」ボタン、「セルの書式設定」メニューを選択します。
      セルの書式設定ダイアログボックスを表示、「罫線」タブを選択します。
      エクセルの罫線:書式ボタンから
      &br
    • 3-2 表示されるダイアログボックスには、前段で解説したメニューが、より視覚的に表示されていますので、わかりやすいですね。

    • 3-3 罫線の引き方は、「罫線」グループの各罫線の位置のボタンをクリックすることで罫線を引くことができます。罫線が引かれる位置は視覚的にはっきりしているので、迷うことはないでしょう。実際に操作してみてください。習うより慣れろですね。
       例えば、選択されたセル範囲の上に罫線を引きたい場合は、左上の罫線ボタンをクリックすることで、罫線を引くことができます。 罫線の引かれる位置は、図の赤い矢印を参考にしてください。

    • 3-4 罫線の指定が終われば「OK」ボタンをクリックします。
      エクセルの罫線:セルの書式の罫線タブ


  • 図4 セルの罫線(枠線)その3(選択範囲内を右クリック)
     ここでは、方法の3について解説します。この方法は方法2のダイアログボックスを出すまでの経過が違うだけで、以降は方法の2と同じです。
     罫線を引きたい範囲を選択します。

    • 4-1 選択された範囲の中の任意の位置で「右クリック」し、メニューから「セルの書式」をクリックします。
       「セルの書式」ダイアログボックスが表示されます。
      エクセルの罫線:セルの書式設定
      &br
    • 4-2 「罫線」タブをクリックします。

    • 4-3 以降は、前段の3-2以降で解説した方法と同じです。
      エクセルの罫線:セルの書式設定




       複雑な罫線を引きたい場合は、方法の1の「罫線の作成」グループを利用すると、効率よく罫線が引けると思います。例えば、疑似的な図面を作成するときには有効ですね。
       例えばこんな罫線です(こんな罫線引くことはないと思いますが。迷路風にしてみました。)
      エクセルの罫線:複雑な罫線
      &br


      これで、エクセルの罫線については終わりです。




      ブログのお題拝借
      Tag: エクセル EXCEL 罫線 縦罫線 横罫線 右罫線 左罫線 斜め罫線

      コメント


      認証コード7936

      コメントは管理者の承認後に表示されます。