エクセルで、循環参照のセルを見つける

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


今回は、エクセル(EXCEL)の循環参照があるセルの見つけ方についてです。
この操作はエクセル2016で行います(ようやくOffice365 Soloに更新しました)。


関数や数式を入力していく中で、時々遭遇するのが「循環参照」です。
循環参照は、計算式の中で、自分自身のセルを参照している場合に発生します。
ピンと来ないかもしれませんので、こういう数式が循環参照になります。


 セルA1に次のように入力された場合
  =A1+B1


 この数式では、セルA1の結果は、セルA1にセルB1を加算した結果ということになりますから、エクセルは、セルA1の値を確定することが出来なくなり、正しい結果を返せなくなってしまいます。


このように、簡単な数式で、数式の入力されているセルの数も少なければ、セルを総当たりで探すこともできないことではありませんが、たくさんの数式が入力されていたり、複数のワークシート間を参照している数式が有ったり、数式の量が多いと、循環参照されているセルを探すのは非常に困難になります。


 循環参照した数式を入力してしまった場合には、その場で注意メッセージが表示されますが、「OK」ボタンを押してしまうと、どのセルだったか分からなくなってしまいますし、メッセージの中にも、どのセルで循環参照が起きているのか表示はしてくれません。
エクセルの循環参照の見つけ方:循環参照の例

循環参照のセルを探す

 では、循環参照のセルを探す方法です。次のように操作します。

  • 1-1 「数式」タブをクリックします。
  • 1-2 「ワークシート分析」グループの「エラーチェック」をクリックします。
  • 1-3 「循環参照」をクリックします。
  • 1-4 循環参照があるセルアドレスが表示されます。
     複数、循環参照のセルがある場合でも、表示されるセルアドレスは一つだけです。表示されたセルの循環参照が解決され、再度1-3の循環参照を確認すると、さらに循環参照がある場合は、次に見つかった循環参照のある、セルアドレスが表示されます。循環参照のセルがなくなっている場合は「循環参照」ボタンはグレーアウトされ、クリックすることが出来なくなっています。
    エクセルの循環参照の見つけ方:エラーチェックで探す

  • 1-5 他には、ステータスバーを見ると「循環参照:A2」と表示されているのが分ります。見逃しやすいですが、こんなところにヒントがっていうやつですね。
    エクセルの循環参照の見つけ方:ステータスバーで探す


     循環参照のセルの見つけ方は以上で終わりです。


    ブログのお題拝借
    Tag: エクセル EXCEL 循環参照 エクセル

    コメント


    認証コード1021

    コメントは管理者の承認後に表示されます。