ローマ字で入力したのに、同じキー位置のひらがなが出る

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


今日は、IMEの「ローマ字」入力と「かな」入力についてです。

日本語入力の種類

 日本語入力には、

  • 「かな」入力
  • 「ローマ字」入力
    の二通りの入力方法があります。
    どちらを選択するかは、どの入力方法を先に始めたかで決めればいいと思います。自分が入力しやすい方法が一番だからです。

「ローマ字で入力したのに、同じキー位置のひらがなが出る」

今回の「ローマ字で入力したのに、同じキー位置のひらがなが出る」現象ですが、要するに日本語入力の違いによるものだということです。
たとえば、「KONNNITIHA」とローマ字入力状態でローマ字を入力すれば、もちろん「こんにちは」と出てきます。しかし「かな入力」状態で「KONNNITIHA」と入力すれば「かな入力」状態になっているわけですから、「のらみみみにかにくち」と入力されてしまいます。キーボードの「KONNNITIHA」のキーに表示されている「かな」は「のらみみみにかにくち」だからです。
ご理解いただけましたか。
この現象を解決する方法は、自分の日本語入力の方法を適切に選択することで解決できるわけです。
日本語入力の入力方法の選択の仕方は、次の通りです。

  • 図1-1 半角英数入力の状態をあらわしたものです。
  • 図1-2 全角かな入力の状態をあらわしたものです。
  • 図1-3 全角ローマ字入力の状態をあらわしたものです。

状態の切り替えは、

マウスで日本語入力の状態を切り替える (IME2010)

  • 図1-1 「半角英数入力」は左クリックし、半角英数をクリックします
  • 図1-2 「全角かな入力」は左クリックし、ひらがなをクリックし、図1-2-2をクリックし「KANA」が押し込まれた状態にします。
  • 図1-3 「全角ローマ字入力」は左クリックし、ひらがなをクリック、図1-2-2が「KANA」が押し込まれていた場合は、ここをクリックし、「KANA」が押し込まれていない状態にします。


    IME2010ツールバー

キーボードで日本語入力の状態を切り替える

半角/全角キーを押す。これで、半角英数入力から、全角入力に切り替わります。この状態で、既定値となっている「かな入力」か「ローマ字入力」かに切り替わります。
日本語入力ができる状態で、「Alt」+「ひらがな/ローマ字」キーを押すと、「かな入力」と「ローマ字入力」とが交互に切り替わります。

IMEツールバーから切り替える

  • 図1-4 クリックします。
  • 図2-1 プロパティーをクリックします


    IME2010左クリックメニュー

  • 図3-1 「ローマ字入力/かな入力」ドロップダウンリストから、変更したい入力方法を選択します。
  • 図3-2  適用をクリックします.


    IME2010のプロパティー

以上で、日本語入力方法の切り替え方についてでした。



市民パソコン教室北九州小倉校の「パソコン無料相談」も見てね。

コメント


認証コード4293

コメントは管理者の承認後に表示されます。