ふりがなを入力する Part2(フォーム編)

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


今日は、Access2010でふりがなを自動入力する、Part2です。
フォームでのプロパティの設定についてです。

テキストボックスコントロールの「ふりがな」プロパティを設定

テーブルでふりがな項目の設定をしていなくても、フォームで設定をすれば、テーブルでふりがなを設定したようにふりがなを自動設定することができます。
次のように設定します。

図1-1 フォームをデザインビューで開きます。
図1-2 ふりがなを振りたいフィールドのコントロールを選択します。
図1-3 プロパティシートを開きます。既に開いているときは、ここはスキップします。
図1-4 プロパティシートの「その他」タグをクリックします。
図1-5 ふりがなプロパティに、例では「商品名かな」と入力します。これで、「商品名かな」というフィールドにふりがなが自動で入力されます。標準では、全角カタカナが入力されます。


ふりがなの自動入力


図2-1 自動入力される、ふりがなの文字種別は、

「全角ひらがな」、「全角カタカナ」、「半角カタカナ」

が設定できます。


その設定は、ふりがなが自動入力されるフィールドのコントロールの「IME入力モード」に選択リストから、前記の3種類のどれかを選択します。


ふりがなの文字種別


図3-1 ふりがなウィザードを使って設定する方法です。
ふりがなを振りたいフィールドのコントロールを選択します。「…」をクリックします。
図3-2 ふりがなを入力したいフィールと名を選択リストから選択します(フィールドのリストが出ます)
図3-3 ふりがなの文字種を選択します。
図3-4 完了をクリックします。


ふりがなの自動入力

以上で、フォームでのふりがなの自動入力の設定は終わりです。



市民パソコン教室北九州小倉校の「パソコン無料相談」も見てね。

コメント


認証コード4198

コメントは管理者の承認後に表示されます。