Windows8のスタート画面のアイコンを操作する

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


今日は、市民パソコン教室として、初めて、パソコン無料相談会のチラシを折り込み広告として配布しました。
夕方に、最初の問い合わせが入りました。困っている方がいらっしゃるということが分かりました。これから是非、こうした方たちのお役に立ちたいと思います。沢山質問が来るといいなぁ。


 それでは、今日は、Windows8のスタート画面にあるアイコンの操作についてです。

アイコンの色々操作

アイコン大きさを変える。

 スタート画面の出し方は、マウスカーソルを画面の左下に置くと、小さなスタート画面の画像が出てくるので、そこをクリックします。また、キーボードの「Windowsマーク」を押すと、スタート画面が出てきます。
 アイコンの大きさを変えることができるのは、Windows8用アプリだけです。今までのWindowsアプリケーションのアイコンの大きさは固定です。

図1-1 アイコンの大きさを変更したいアプリを右クリックします。アイコンの右上にチェックマークが付きます。
図1-2 画面下部にアプリバーが表示されます。
図1-3 アイコンが小さい場合は「大きくする」、アイコンが大きい場合は「小さくする」というコマンドボタンが現れますので、ここをクリックします。


Windows8スタート画面:アプリバー


図2-1 例では、「大きくする」が選択できました。
大きいアイコンは、小さいアイコンの横幅が倍の大きさになっています。


Windows8スタート画面:アイコン大きさを変える

スタート画面にピン留めする、ピン留めを外す

 インストールしたソフトをスタート画面に表示されるようにする機能です。
図3-1 スタート画面のアイコンがないところで、右クリックすると、アプリバーの右端に、「全てのアプリ」ボタンが現れます。


Windows8スタート画面:全てのアプリ表示ボタン


図4-1 「全てのアプリ」ボタンをクリックすると、インストールされている、アプリケーションが、すべて表示されます。(「Ctrl」+「Tab」キーでも表示されます。)ピン留めされているか、いないのかは、見た目ではわかりません。


Windows8スタート画面:全てのアプリを表示した


図5-1 アイコンを右クリックすると、アプリバーが表示され、ピン留めされているアプリの場合は、「スタート画面からピン留めを外す」、ピン留めされていないアプリの場合は、「スタート画面にピン留めする」のコマンドボタンが現れます。(例は、PDFファイルでピン留めを外す)


Windows8スタート画面:アプリをピン留めする


図6-1 アイコンの種類により、表示されるアプリバーの内容は変わります。(例は、アプリケーションの場合)
 ピン留めを外す場合は、「スタート画面からピン留めを外す」ボタンをクリックすれば外すことが出来ます。

タスクバーにピン留する

 スタート画面にあるアプリケーションを、デスクトップ画面のタスクバーにも表示させる機能です。
 この指定をしておくと、アプリケーションの起動にスタート画面に戻ってこなくてよくなります。しかし、登録する数はほどほどにした方がいいと思います。後は、ランチャを使って起動した方が便利な気がします。
図7-1 アプリケーションのアイコンを右クリックすると、アプリバーが出ます。
図7-2 「タスクバーにピン留めする」ボタンをクリックします。


Windows8スタート画面:タスクバーにピン留め


図8-1 アプリケーションが、タスクバーにピン留めされました。ピン留を解除する場合は、タスクバーのアイコンを右クリックして、ピン留めを外すをクリックすれば、簡単にピン留めを外すことができます。


Windows8スタート画面:タスクバーにピン留めされた

以上で、アイコンの操作は終わりです。



市民パソコン教室北九州小倉校の「パソコン無料相談」も見てね。

コメント


認証コード6625

コメントは管理者の承認後に表示されます。