カテゴリ:Word

Word2010でPDFファイルを作成する

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


今日は、Word2010で、PDFファイルを作成する方法です。

WordでもPDFファイルが作れます

 Wordで作った文書をデータで渡したら、文字の形が変わって、思った様式で伝えられなかったなんていうことが有りますよね。
 PDF形式のファイルが作られれば、これも解決しますが、今までは、Acrobatを使うか、他のPDF作成ソフトを使うか、またフリーソフトを使うなどの方法でPDFファイルを作成していたと思います。
 Office2010からは、標準でPDF作成機能が組み込まれています。Office2007の場合はアドインという形でPDFを作成することが出来るようになっていました。

■Office2007用のPDF作成用アドインのサイトです。
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=9943

それでは、早速PDFを作成して見ましょう。

図1-1 PDFファイルにしたい文書を準備します。
PDFファイルを作成する


図2-1 「ファイル」タブをクリックします。
図2-2 「保存と送信」をクリックします。
図2-3 「PDF/XPSドキュメントの作成」ボタンをクリックします。
図2-4 右側部分に有る「PDF/XPSの作成」ボタンをクリックします。
PDFファイルを作成する:保存と送信


図3-1 保存場所を選択します。
図3-2 フィル名を入力してます。
図3-3 「ファイルの種類」ドロップダウンリストから、PDF(*.pdf)を選択します。
図3-4 「保存」ボタンをクリックします。
PDFファイルを作成する:PDFファイルの保存

補足 

図3-5 「オプション」をクリックすると、「オプション」ダイアログボックスが表示されます。
図4-1 ここでは、PDFとして作成したいページやパスワードの設定などが出来るようになっています。

PDFファイルを作成する:PDF作成の詳細な設定

図5-1 作成されたPDFファイルが表示されます。(AcrobatReaderなどの表示用のソフトのインストールが必要です。)
PDFファイルのサンプル

 この方法は、

  • Excel
  • Word
  • Access
  • PowePoint
  • Publisher

でも作成が出来るようになっています。

図6-1 Access以外は、「名前を付けて保存」からもPDFファイルを作ることが出来るようになっています。
 以降の操作は図3-1からと同じです。
PDFファイルを作成する:名前を付けて保存

以上で、WordでPDFを作成する方法は終わりです。





市民パソコン教室北九州小倉校の「パソコン無料相談」も見てね。

コメント


認証コード9205

コメントは管理者の承認後に表示されます。