カテゴリ:Word

ワードでワイルドカードで検索と置換

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


今日は、Wordで検索の方法で、ワイルドカードでの検索の方法です。

ワイルドカードを使って文字列を検索する。

 ワイルドカードとは何でしょうか?
 よく使うのが、ファイル名の検索で、「*(任意の文字列)」「?(任意の一文字)」がありますが、例えば、

  • filename*.xlsと指定したとすると、filename001.xlsやfilenameabc.xls、filenamex.xlsなどが一致することになります。
  • ?name.docと指定すると、aname.docやxname.docは一致しますが、abcname.docは一致しません。
    という風に、文字そのものを指定するのではなく、文字の数や、文字の位置などを記号や文字で表現して検索文字を指定します。
     では、早速検索して見ましょう。
     検索の手順は、ワードで検索と置換をしてみるを参考にしてください。

任意の文字列を指定して検索する

 今回の検索したい文字列は、「ヘツダー」と「フッター」が検索してみます。。
 サンプル文書の中に「ヘッダー」と「フッター」入力されています。
 ワイルドカード検索では、両方が一緒に検索されればOKです。
 この二つの文字列の特徴を見ると、

  • 4文字である
  • 2文字目には「ッ」が有る
    とすることが出来ます。

図1-1 「検索と置換」ダイアログボックスが表示されますので、「検索する文字列」として、「?ッ??」と入力します。これは、1文字目は任意の文字で、2文字目に「ッ」があり、3,4文字目は任意の文字で、合計で4文字あるよ、と言う事を表しています。
図1-2 「ワイルドカードを使用する」にチェックを付けます。

図1-3 「検索する場所」で、「メイン文書」を選択します。
検索と置換:ワイルドカードで検索

図2-1 検索結果として、「ヘツダー」と「ヘッダー」が検索されています。
検索と置換:ワイルドカードで検索

文字コード表は
さて、ワイルドカードによる検索は他にも沢山ありますので、いくつかの指定方法を列挙しておきます。

表記方法表示例
[A-Za-z]半角英字の大文字と小文字
[A-Za-z]全角英字の大文字と小文字(アルファベットは全角文字で入力します)
[!A-Za-z]全角英字の大文字と小文字以外(アルファベットは全角文字で入力します)
[ -゚]半角カタカナ
[ァ-ヶー―‐]全角カタカナ
[0-9]半角数字
[0-9]全角数字(数字は全角文字で入力します)
[0-90-9A-Za-zA-Za-z]全角半角英数字(数字とアルファベットは全角文字と半角文字で入力します)

カタカナだけを検索する

 カタカナの検索を試してみましょう。
図3-1 「検索する文字列」に[ァ-ヶー-―]と入力します。
図3-2 「ワイルドカードを使用する」にチェックを付けます。
図3-3 「検索する場所」をクリックし、「メイン文書」を選択します。
検索と置換:ワイルドカードでカタカナだけ検索

図4-1 検索結果として、カタカナだけが選択されています。
検索と置換:ワイルドカードでカタカナだけ検索

これから次に行えることは、全角文字のカタカナを選択しているので、これを半角カタナカに変換して見ます。
「検索と置換」ダイアログボックスは閉じます。ここで、ワードの文書部分をクリックしてはいけません。文字列の選択状態が解除されてしまいます。
図5-1 「ホーム」タブの「文字種の変換」ボタンをクリックします。
図5-2 「半角」を選択します。
検索と置換:ワイルドカードでカタカナだけ検索して半角文字に変換

図6-1 全角カタカナが、半角カタカナに変換されました。
検索と置換:ワイルドカードでカタカナだけ検索して半角に変換

 この例では、カタカナを選択、変換しましたが、数字やアルファベットも同じような要領で、変換することができます。こうした操作は、多人数で入力したデータを集約して一つのデータのまとめるときは、同じ単語でも入力されたデータは大文字や小文字、全角や半角が混じったデータになりがちです。こうした状態を統一してしまうのにとても便利です。これだけでも覚えておくと、とても仕事がはかどるのではないでしょうか。

数字だけを検索する。

 数字の検索を試してみましょう。
図7-1 「検索する文字列」に[0-90-9]と入力します。
図7-2 「ワイルドカードを使用する」にチェックを付けます。
図7-3 「検索する場所」をクリックし、「メイン文書」を選択します。
検索と置換:ワイルドカードで数字だけ検索

図8-1 検索結果として、数字だけが選択されています。
検索と置換:ワイルドカードで数字だけ検索して半角に変換

 これから次に行えることは、全角と半角の数字を選択しているので、これを全て半角数字に変換して見ます。
「検索と置換」ダイアログボックスは閉じます。ここで、文書内をクリックしてはいけません。文字列の選択状態が解除されてしまいます。

図9-1 「ホーム」タブの「文字種の変換」ボタンをクリックします。
図9-2 「半角」を選択します。
検索と置換:ワイルドカードで数字だけ検索して半角に変換

図10-1 全角数字が、半角数字に変換されました。
検索と置換:ワイルドカードで数字だけ検索

図11-1 この他にも文字列の桁数を指定することも出来ます。
 例えば、数字の検索で、

[0-90-9]とすれば、
数字は全て検索されますが、

[0-90-9]{3,}と入力すれば、
3桁以上の数字だけが選択されます。


検索と置換:ワイルドカードで指定桁数の数字だけ検索


図12-1 また、指定した文字を否定する方法もあります。同様に

[0-90-9]
数字のみを選択ですが

[!0-90-9]
入力すれば、数字以外と言う事になり、数字以外の文字列が選択されます。「!」を先頭に付けるだけですから覚えやすいですよね。
検索と置換:ワイルドカードで数字以外を検索


 ワイルドカードでの検索の詳しい情報は、マイクロソフトの以下のサイトを参考にしてください。
正規表現を使用して文字列を検索および置換する (高度)

 このワイルドカードを使っての検索は、とても奥が深いです。これだけで、本が一冊書けてしまえるくらいのボリュームがあります。しかし、全て覚えるのは大変ですので、例で示した検索と置換方法を覚えるだけでも、十分に役に立つと思います。


 以上で、ワードでの検索で、ワイルドカード検索の仕方は終わりです。


 次回は、特殊文字使用した検索の仕方を解説します。
ワードで検索:ワードで検索と置換をしてみる
ワードで検索:ワードであいまい検索と置換
ワードで検索:ワードで書式や特殊文字で検索と置換
も参考にしてくださいね。





市民パソコン教室北九州小倉校の「パソコン無料相談」も見てね。

コメント


認証コード9727

コメントは管理者の承認後に表示されます。