カテゴリ:Word

ワード(オフィス)のスクリーンショットで画面コピーを撮る

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


今日は、スクリーンショットを使って、画面コピーを撮る方法です。

スクリーンショットで画面コピー

画面のコピーは、PrintScreenを使って全画面コピーか、Alt+PrintScreenでアクティブウィンドウのコピーはできていました。あとは、キャプチャーソフトを使って画面コピーする方法がありました。

Office2010からはこのスクリーンショット(画面のコピー)が撮れるようになりました。

では、Office(ワード)でスクリーンショットを使って画面コピーを撮ってみましょう。
ワードの他に、エクセル、パワーポイントでもスクリーンショットが使えます。

図1-1 「挿入」タブをクリックします。
Officeのスクリーンショット機能(画面コピー)を使う

図2-1 「スクリーンショット」ボタンをクリックします。スクリーンショットが撮れるアプリケーションのサムネイルが表示されます。
図2-2 画面コピーしたサムネイルをクリックします。
Officeのスクリーンショット機能(画面コピー)を使う

図3-1 コピーされた画面がワードに貼り付けられます。続けてコピーをする場合は、貼り付けられた画像の選択を解除しておきましょう。そのまま連続してコピーを行うと、次にコピーされた画像に置き換えられてしまいます。
Officeのスクリーンショット機能(画面コピー)を使う

図4-1 次のコピーは、指定した矩形範囲のコピーです。「スクリーンショット」ボタンをクリックします。
図4-2 「画面の領域」をクリックします。画面コピーしたいアプリケーションへ切り替えるため、約2秒間コピー開始の待機となります。この短い間に、コピーしたいアプリケーションに切り替えます。
Officeのスクリーンショット機能(画面コピー)を使う

図5-1 コピーができるようになると画面全体が白いスクリーンがかかったようになります。コピーしたい範囲をドラッグして「矩形(四角形)」範囲で囲みます。選択された範囲だけスクリーンが消えてクリアに見えるようになります。
Officeのスクリーンショット機能(画面コピー)を使う

図6-1 画面コピーされた画像がワードに貼り付けられます。

Officeのスクリーンショット機能(画面コピー)を使う

以上で、ワードのスクリーンショット機能を使って画面コピーを撮る方法は終わりです。

市民パソコン教室北九州小倉校の「パソコン無料相談」も見てね。






ブログのお題拝借

コメント


認証コード9245

コメントは管理者の承認後に表示されます。