カテゴリ:Word

フォントについて

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


今日は、フォントについてです。

等幅フォントとプロポーショナルフォント

 Windowsには大きく分けて2種類のフォントがあります。

  • プロポーショナルフォント
  • 等幅フォント

です。

プロポーショナルフォントとは

 文字の持つ幅が異なるフォントのことです。例えば、アルファベットのW(ダブリュウ)とIを見てみると、WはIと比べて文字の幅が広くなります。Iの方が狭い幅で文字を表示することが出来ます。この文字ごとに文字の幅が異なるフォントのことです。
 ポスターなどのデザインを主に行うものに使用すれば見栄えがよいものが出来ます。

等幅フォントとは

 文字列の文字幅が同じ幅のフォントです。前記のプロポーショナルフォントのWとIを比較した場合、どちらも同じ幅で表示されるフォントのことです。
 様式やビジネス文書などを作る際に使えば、見栄えの良いものが出来ます。

文書の文字位置が微妙にずれる

 文書を作成しているときに、文字列の位置合わせをしようとした場合に、微妙に文字列の位置がずれてしまったことはないでしょうか。これは、このプロポーショナルフォントを使った場合によくおこる文字のずれです。この時、等幅フォントに変更すると、あっさり文字列のずれが解消してしまいます。

  • 図1-1 プロポーショナルフォントと等幅フォントのずれの例を見ておきましょう。
    フォントについて

 フォントの設定は、例えば、ワードでは、MS P 明朝がデフォルトに設定されているため、文字列の位置合わせを行おうとすると微妙にずれて配置されてしまいます。
 文字列の横縦をきちんと並べたい時は、等幅フォントを使うように設定を変更しましょう。

 フォントの変更方法は、

  • 図2-1 フォントを変更したい文字列を選択します。
    フォントについて

  • 図3-1 「ホーム」タブの「フォント」をクリックします。
  • 図3-2 フォントの一覧が表示されますので、変更したいフォント名をクリックします。ここでは、「MS 明朝」を選択します。
    フォントについて

  • 図4-1 文字列のずれが解消されました。
    フォントについて

 このことを知らないと、いくら空白を入れて調整しても、文字列の位置は合わないものです。

 日本語フォントが、プロポーショナルフォントか等幅フォントかを見分ける方法としては、フォント名の「MS P 明朝」「MS P ゴシック」などの様に「P」の文字が入っている場合は、プロポーショナルフォントと判断することが出来ます。

 英字フォントは、この見分け方はできないので、設定して見るしかないと思います。設定した後に、「iやj」と他の文字を比較して見ると分かります。「ij」の文字幅が狭いとプロポーショナルフォントということになります。

 乱暴な見分け方かもしれませんが、さしあたり簡単な方法だと思います。

以上で、フォントについては終わりです。

市民パソコン教室北九州小倉校の「パソコン無料相談」も見てね。






ブログのお題拝借

コメント


認証コード3519

コメントは管理者の承認後に表示されます。