アクセスで並び替え(ソート)する(クエリー)

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


今日は、アクセスの並び替え(ソート)について(クエリー)です。


使用するデータベースソフトはAccess2013を使用します。

クエリーを作る

 アクセスの並び替え(ソート)について(テーブル)はテーブルでの並び替え(ソート)についてお話ししました。今回使うクエリーを使うことで、テーブルでは出来なかった、並べ替えを行うことが出来ます。フィールドの配置や並べ替えの条件(キー)設定、集計や選択などデータを操作する上での大切な気のを多く備えています。

 では、クエリーを作成します。

クエリーを作る準備をする

  • 図1-1 「作成」タブの「クエリー」グループの「クエリーデザイン」ボタンをクリックします。
    Accessでの並び替え(ソート)について(クエリー):クエリーの作成準備

  • 図2-1 「デーブルの表示」ダイアログボックスが表示されるとともに、クエリー作成用の画面に切り替わります。
  • 図2-2 クエリーで使用するテーブルを選択します。今回は「テーブル02」を選択します。
  • 図2-3 「追加」ボタンをクリックします。
  • 図2-4 「テーブル02」が追加されますので、「閉じる」ボタンをクリックします。
    Accessでの並び替え(ソート)について(クエリー):クエリーでテーブルの追加

  • 図3-1 これで、クエリーを作ることが出来るようになります。

クエリーを作り実行する

  • 図3-2 クエリーで表示したいフィールドや並べ替え(ソート)に使用したいフィールドを選択して、下のデザイングリッドにドラッグします。
    Accessでの並び替え(ソート)について(クエリー):クエリーのフィールド追加

  • 図4-1 今回は「日付」「商品C」「商品名」の3項目を選択しました。
    Accessでの並び替え(ソート)について(クエリー):デザイングリッドへ項目を追加

  • 図5-1 テーブルでの並び替えの例と同様に「日付」と「商品C」で並び替えをします。
     「並び替え」と書かれた右側のフィールドが並べ替えを指定するフィールドです。このフィールドをクリックすると、「昇順」「降順」「(並べ替えなし)」のリストが表示されます。
  • 図5-2 ここでは、「昇順」を選択します。
    &show(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename);

  • 図6-1 「商品C」フィールドも同じように設定します。
    Accessでの並び替え(ソート)について(クエリー):フィールドの追加と並び替え順序の設定

  • 図7-1 「クエリーツール」の「結果」グループの「実行」ボタンをクリックします。
    Accessでの並び替え(ソート)について(クエリー):クエリーの実行

  • 図8-1 クエリーの実行結果が表示されました。「日付」と「商品C」の並べ替え条件(キー)で並んでいるのが確認できます。
    Accessでの並び替え(ソート)について(クエリー):クエリー実行結果の確認



 ここまでは、アクセスの並び替え(ソート)について(テーブル)で紹介したものをクエリーで実行して見ました。
 次にアクセスの並び替え(ソート)について(テーブル)では出来ない並び替えの方法を指定して実行して見ます。

  • 図9-1 図のようにフィールドを、デザイングリッドに追加します。「商品C」「日付」の順番にフィールドを追加します。そして、図5-2、図6-1で指定した並び替えの指定を「並び替えなし」に変更します(空欄になります)。「表示」と書かれたところのフィールのチェックボックスのチェックを外します。これで準備OKです。
     ここでの指定の意味は、
    • 追加した二つのフィールドは、並び替えのためだけに使用する
    • 表示と書かれたところのチェックボックスは、このデザイングリッドに追加されてクエリーが実行されても、結果には表示しない
      という意味になります。
      Accessでの並び替え(ソート)について(クエリー):ソートフィールドを追加する

  • 図10-1 図7-1の操作を行います。実行結果が表示されます。図8-1とは違う結果になっていることがお分かりいただけるでしょうか。
    Accessでの並び替え(ソート)について(クエリー):ソートフィールドでの並び替え

 まず「商品C」で昇順に並び「日付」で昇順に並んでいます。そして、フィールドの並びは「日付」「商品C」・・・の順番に並んで表示されています。これは、テーブルの並べ替えでは出来なかったことです。
 また、図9-1の「商品C」の並べ替えフィールドを「降順」に変更することで、「商品C」は降順「日付」は昇順のような並べ替えも行うことが出来ます。

図11-1 「商品C」を降順に変更して並べ替えた結果です。
 このように、並び替えの順序だけでなく、並び替えの条件(キー)の優先順位の指定、フィールドの選択(必要なフィールドだけ表示)なども出来るようになっています。
Accessでの並び替え(ソート)について(クエリー):ソートフィールドでの並び替え結果

 
 いかがでしたか、Accessは機能が豊富で、供えられた機能を深く理解することによって、相当複雑な処理もこなすことが出来るようになります。

 今回は、クエリーの一つの機能として並び替えの紹介をしました。




市民パソコン教室北九州小倉校の「パソコン無料相談」も見てね。

ブログのお題拝借

コメント


認証コード6751

コメントは管理者の承認後に表示されます。