エクセルの棒グラフの棒を図形で表示する方法

エクセルの棒グラフの棒を図形で表示する方法

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


今日は、エクセルの棒グラフの棒を図形で表示する方法です。

棒グラフの棒を絵で表示する

 エクセルでは、グラフの色の表現を、単色やグラデーションだけでなく、画像を利用して表現することも出来るようになっています。結果からお見せすると、以下のようなグラフ表現ができます。何か楽しいですよね。

 ここで使用しているエクセルは、2013年2月7日に発売になったOffice2013です。

 図1-1 果物の数を絵で表現して見ました。
棒グラフの棒を図形で表示する方法とは

 では、図1-1のようにグラフの色を表現する設定をして見ましょう。

図2-1 この図のようなグラフでも十分伝わりますが、少し表現を変えるだけで、グラフを楽しく見てもらえますよね、
棒グラフの棒を図形で表示する方法とは

図3-1 棒グラフの色の表現を変えるわけですから、塗りつぶしの設定を変えることで設定することが出来ます。まず、棒グラフの色を変更したい部分の「データ系列(棒グラフの棒の部分)」の上で右クリックします。
図3-2 メニューが出てきますので、「データ系列の書式設定」をクリックします。
棒グラフの棒を図形で表示する方法とは

図4-1 右サイドに、プロパティーシートが表示されますので、「ペンキ缶」のアイコンをクリックすると、塗りつぶしと枠線のプロパティが表示されます。
棒グラフの棒を図形で表示する方法とは

図5-1 「塗りつぶし(図またはテクスチャ)」をクリックすると、「図の挿入」が選択できるように画面が切り替わります。
図5-2 ここで「ファイル...」ボタンをクリックします。
棒グラフの棒を図形で表示する方法とは

図6-1 「図の挿入」ダイアログボックスが表示され、ファイルが選択できるようになります。図の凡例は、イチゴですので、イチゴの図形を選択します。
図6-2 「挿入」ボタンをクリックします。
棒グラフの棒を図形で表示する方法とは

図7-1 「拡大縮小の積み重ね」をクリックします。
図7-2 ずぐ下にある「Unit/picuture」のテキストボックスに「5」と入力します。
 この「5」は、イチゴ1個の図形がグラフ数値の「5」に対応させることを指定しています。
 
 つまり系列の数値が20であれば20÷5=4で4個のイチゴが表示されるわけです。
 
 この時、基本図形の大きさ(縦横比率)が変化し数量を図形の数で表します。
棒グラフの棒を図形で表示する方法とは


 この操作を各データ系列に繰り返し設定してゆくと、図1-1のようなグラフが出来上がります。

他の表現法のを指定した時の例です。

図8-1 「引き伸ばし」を指定すると、基本図形が数値の量によって引き伸ばされて表示されます。量として、ちょっとピンときませんね。
棒グラフの棒を図形で表示する方法とは

図9-1 「積み重ね」を指定すると、基本図形の大きさ(縦横比率)は一定で、グラフの数値の量により、その個数で数を表します。
棒グラフの棒を図形で表示する方法とは

図10-1 最後に変更前後の比較になるようにbefore -> After を載せておきます。
棒グラフの棒を図形で表示する方法とは

以上で、エクセルで棒グラフの棒を図形で表示する方法は終わりです。

市民パソコン教室北九州小倉校の「パソコン無料相談」も見てね。






ブログのお題拝借

コメント


認証コード6452

コメントは管理者の承認後に表示されます。