エクセルの図形に名前を付けて楽々図形編集する

エクセルの図形に名前を付けて楽々図形編集する

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。
 今日は、エクセルの図形に名前を付けて楽々図形編集する方法です。
 この操作は、マイクロソフトOfficeのエクセル2013で行います。

たくさん図形がある時は名前をつけましょう

 エクセルでお絵かきをすることができる!なんてあまり考えませんが、素晴らしい芸術的な絵を描く方もいらっしゃいます。

をご覧ください。

私にはとてもこんな絵心はありません。

すばらしいですねぇ!エクセルのオートシェイプで描いたとは思えないですね。
こんな絵を描くときは使ったオブジェクトには、いちいち名前なんか付けないのでしょうか。膨大なオブジェクト数でしょうからね。いやいや、かえってきちんとしておかないと後が大変なことになりそうな気もします。

 何はともあれ、こんな素晴らしい絵は描けませんが、お遊びに、アニメのキャラクタを描いてみました。ご存じ「ドラえ○ん」です。こんな絵が描けてしまうんですから、エクセルも捨てたものではありませんね。

 描き方はともかく、ここで使った図形(オブジェクト)に名前をつけておくと、後で修正するときに、どの図形(オブジェクト)が何を表しているのが分かりやすくなります。複雑な絵だと、図形(オブジェクト)が重なり合ってマウスで選択しにくいこともあります。
 こんな時に図形に名前がついていると選択も簡単になり修正も楽ですね。

 では、図形の名前の付け方です。

  • 図1 (図形に名前を付ける)
  • 1-1 名前をつけたい図形を選択します。
  • 1-2 「ページレイアウト」タブの「配置」グループの「オブジェクトの選択と表示」ボタンをクリックします。
  • 1-3 図形(オブジェクト)一覧が表示にされます。
  • 1-4 一覧では、選択されている図形(オブジェクト)が緑の反転で表示されています。
  • 1-5 反転している文字をクリックします。編集可能状態になります。名前を入力して、「ENTER」キーを押します。
     「ENTER」キーを押すと図1-4の状態に戻ります。
    エクセルの図形に名前を付ける

  • 図2 (重なった図形の下の図形を操作する)
  • 2-1 図のように図形が重なっている場合は、マウスでは直接選択できません。
    エクセルの図形に名前を付ける

  • 2-2 「オブジェクトの選択と表示」を使うと、図の重なりに関係なく、指定した図形を選択することができます。
     例の場合は、赤い図形の下にある青い図形を選択した場合です。
    エクセルの図形に名前を付ける

  • 2-3 ハンドルの上にマウスカーソルを合わせてドラッグすると下の青い図形を移動することや変形することもできます。
    エクセルの図形に名前を付ける

 以上で、エクセルの図形に名前を付けて楽々図形編集する方法は終わりです。




市民パソコン教室北九州小倉校の「パソコン無料相談」も見てね。

ブログのお題拝借
Tag: エクセル 図形、オートシェイプ、オブジェクト オブジェクトの選択

コメント


認証コード2668

コメントは管理者の承認後に表示されます。