ワード(WORD)で文字列を円形に配置する

カテゴリ:Word

ワード(WORD)で文字列を円形に配置する

こんにちは、市民パソコン教室北九州小倉校の篠原です。


今回は、ワード(WORD)の「文字の効果」は沢山ありますが、その中から、文字列を円形に配置する方法を紹介します。

図形やワードアートで文字列を入力する

 「文字の効果」は、描画ツールの中にある機能です。
 文字列を、円形に配置するには、まず、文字列を、図形の中に入力するは、すでに入力した文字列をワードアートに変換することで操作が可能になります。

  • 1-1 文字の効果を適用する、文字列を、ワードアートの変換するか、図形の中にテキストを入力します。
    文字列を円形に配置する:文字列を入力


    文字列を円形に配置する:ワードアート


    文字列を円形に配置する:ワードアートの結果


    文字列を円形に配置する:図形の挿入


    文字列を円形に配置する:図形にテキストを追加


    文字列を円形に配置する:図形にテキストを追加した結果

  • 1-2 入力された、ワードアート(または図形)を選択すると「描画ツール」「書式」タブが表示されますにで、これを選択します。
  • 1-3 「ワードアートのスタイル」グループから「文字の効果」をクリックします。
  • 1-4 「変形」メニューを選択します。
  • 1-5 「枠線に合わせて配置」グループから「円」を選択します。
    文字列を円形に配置する:ワードアートの選択

円形は文字列配置後に修正

  • 1-6 図のように文字列が配置されます。しかしこれでは、円状に配置したとは言えないですね。
    文字列を円形に配置する:形状の変形

  • 1-7 ここで、図形の四隅に表示さてる、サイズ変更ハンドルをドラグして、文字列の配置が円状になるように調整します。
     しかし、最初から、正方形の図形にテキストを入力していれば、この操作は必要なくなります。
    文字列を円形に配置する:サイズ変更ハンドルで変形

  • 1-8 もしも、図形の大きさが文字列が円形になりきれいない状態までした調整できない場合は、図のようになっていまします。
    文字列を円形に配置する:さらに図の調整

  • 1-9 この場合は、文字列の間隔を調整することで、きれいに円形に配置することが出来ます。
     「ホーム」タブ「フォント」グループの「ダイアログボックスランチャー(グループ右下の小さな四角形)」をクリックします。
    文字列を円形に配置する:文字間隔の調整

  • 1-10 「フォント」ダイアログボックスが表示されます。
  • 1-11 「詳細設定」タブ「文字幅と間隔」グループの「文字の間隔」から「広く」を選択し「間隔」の値を適宜(大きい数値
    変更し、「OK」ボタンをクリックします。
    文字列を円形に配置する:文字間隔を広くする

  • 1-12 文字列が円形に綺麗に配置されました。
     ここで、間隔をあけすぎると、最後の文字が欠けて見えなくなってしまうことがありますので、注意が必要です。結果を見ながら調整してください。
    文字列を円形に配置する:文字間隔を広げた結果

文字列を半円形に配置してみる

  • 1-13 また、半円状の配置もこの状態から可能ですので紹介しておきます。
     図形の選択ボックスの左端に見える、赤い小さな四角にマウスポインタ―を合わせ、ドラッグすることで、文字列の形状を変更することが出来ます。
    文字列を円形に配置する:半円状に文字列を配置

  • 1-14 文字列が半円状に配置されました。
    文字列を円形に配置する:半円状に文字列を配置した結果

文字列を回転してみる

  • 1-15 ここで、図形回転ハンドルをマウスでドラッグすることで、半円の方向を自由に変更する事も出来ます。
    文字列を円形に配置する:図形を回転する


    文字の効果には、この他にもたくさんの効果がありますので、いろいろ試してみるのも面白いと思います。


     文字列の円形配置には、もう一つ別のスタイルがありますので、別の機会に紹介したいと思います。


    以上でワード(WORD)で文字列を円形に配置する方法は終わりです。




    ブログのお題拝借
    Tag: ワード Word 文字列を円形に配置 ワードアート 文字の効果 文字間隔

    コメント


    認証コード8638

    コメントは管理者の承認後に表示されます。